揃って大幅続落です

30日のダウ平均は362.59ドル安の26076.89、ナスダックは64.03ポイント安の7402.48で取引を終了。昨日に引き続き大きく下落しています。VIXは14.79とさらに上がっています。長期金利が2.74まで上がったことが大幅続落の原因になっています。この日から2日間の日程で始まった米連邦公開市場委員会(FOMC)では追加利上げが見送られるとの予想が大勢。しかし、翌日発表する声明で、連邦準備制度理事会(FRB)が金融引き締めにより積極的な姿勢を示すとの思惑から債券売りが活発化。長期金利の上昇が景気を冷やすとの懸念から株式も売られています。

31日の日経平均株価は続落で193.68円安の23098.29円と6営業日続落です。日経VIは17.97とさらに上がっています。市場からは「不安定な動きだ。上へのきっかけがつかめず、陰線続きで調整が尾を引く可能性がある。ただ、中長期上昇トレンド下での調整も一巡が近づきつつある」(準大手証券)との声が聞かれていますがどうでしょうか?

ダウ平均は年初からきれいな右肩上がりで上がっていますから今回の下げでもまだ5%増となっていますが、日経平均は既に2%マイナスとなっています。日本株の弱さが際立っています。私の日本株も+35万円の含み益が本日のところで+20万円を割ってしまいました。オマハの賢人に素直に学んで日本株なんかに投資している場合ではないですね。今後再上昇する場面がありましたら売りたいと思いますがそんな場面が来るかどうか・・・

為替は22:06現在、108.85円前後と昨日とほぼ変わらずとなっています。


私の所有するアマゾンとバークシャーハザウェイともう1社で米国内で働く従業員向けに医療サービスを手掛ける新会社を設立すると発表しています。顧客を奪われるとの懸念から、医療保険大手ユナイテッドヘルス・グループなどヘルスケア関連株に売りが膨らんでいますがアマゾンとバークシャーハザウェイに関しては新たなビジネスチャンスになるようです。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

恐れていたことがついに、同時株安!

29日のダウ平均は177.23ドル安の26439.48、ナスダックは39.27ポイント安の7466.51で取引を終了です。久しぶりに大きく下落しています。VIXは13.84と急上昇。前週の株価上昇を受けて利益確定の動きが広がり、売りが先行。
また、米国債利回りが2014年以来の高水準に上昇したことが嫌気されています。著名ヘッジファンド運用社のジェフリー・ガンドラック氏は年初から適温相場が崩れる米長期金利の目安として長期金利2.63%を掲げています。これはトランプ大統領が就任した後、同氏への政策期待感から債券が売られた場面(17年3月)でつけた金利水準で、17年中はトランプ政権に対する期待感の後退や鈍い物価上昇が歯止め役となり米長期金利は低下してきましたが、足元では減税効果とECBの金融政策の正常化に対する思惑で米国債は売られやすくなっています。ガンドラック氏が警戒していた水準は1週間前に抜けていましたが、米国株式相場は底堅く推移してきました。しかし、同様に米長期金利の上昇が株式相場の調整につながると指摘する声は多いです。

30日の日経平均株価は続落で337.37円安の23291.97円と日本株だけ軟調になってきたところに米国株が下げて大幅下落と最悪のパターンです。日経VIは17.65とこちらも大幅に上がっています。昼休みの時間帯の中国・上海総合指数安に続き、時間外取引で米株価指数先物が大幅に下落し、投資心理のさらなる悪化につながっって大引けにかけて安値圏で停滞しています。

為替は20:49現在、108.62円前後と円高の方向となっています。日銀による金融緩和の縮小観測がくすぶるなか、投機筋が積極的な円売りを再開するとは考えにくいと報道されています。
また、日本時間31日午前にはトランプ米大統領の一般教書演説を控え、「貿易面で『米国ファースト』を強調すれば、ドル全面安が再開する」(外資系証券)との懸念も根強い。そうなれば、投機筋による円売りの持ち高の解消は一段と加速する。いずれにせよ17年のような「円安への期待感を高めるのは相当難しい」と言われています。


【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日経平均はストレスのかかる鈍い動き

29日の日経平均株価は前週末比2.54円安の23629.34円と小幅ながら4営業日続落です。朝方は、前週末の米国株式が最高値を更新した流れを受け、上げ幅を広げ一時23787.23円まで上昇しましたが、後場に入り株価指数先物にまとまった売り物が出たのをきっかけにいったん下げに転じました。日経VIは16.53とほぼ横ばいです。米国株に比べて日本株は弱いですね。25日線に近づいたところから自立反発もあるかとのコメントもあるようですが、米国株がここから崩れるようであれば25日線を割るような動きもあるかもしれません。ここからの反発で一旦撤退したい気もありますがどうでしょうか?ここは我慢のしどころかもしれません。


為替は21:42現在、108.78円とほぼ横ばいの動きとなっています。

【今日のバフェット氏の名言】
「本当にすばらしいビジネスは不朽の「お堀」が存在し、それによって高い利益が守られている。」

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日経平均は為替との連動が戻っています

以前は、日経平均は円高になれば下がり(輸出企業の収益が減るので)、円安になれば上がるという形でしたが、17年の途中から為替に関係なく上昇をしてきました。

しかし、先週から急に円高に連動して日経平均は下がるようになってしまいました(米国株は上がっているにも関わらず)。


日経新聞の記事によれば株が為替に大きく反応した理由は2つあるそうです。
1つは投資家が円高に対して無防備だったこと。「年初からここまで円高が進むとは思っていなかった」と話すのはりそな銀行の戸田浩司氏。多くの投資家は「米景気拡大、米金利上昇、円安」を見ており、円高は想定外だった。
1月中旬ごろに実施したQUICKの月次調査で、今後6カ月で最も注目する株価変動要因に為替動向を挙げた市場関係者の割合はわずか3%だった。昨年の円相場はおおむね1ドル=110~115円の値幅で小動きだったため、為替への関心は後退していた。そこに想定外の円高となり、慌てて株を売る動きが出た。
2つ目は利益確定売りの材料にされたこと。日本株は年初から大幅に上昇しており、売るタイミングを見計らっていた投資家も多い。日経平均の構成銘柄の24~26日の下落率を見るとSUMCOやソニーなどが上位に入る。為替感応度が高い銘柄というより年初から上昇が目立っていた銘柄だ。

そもそも日本株が「為替離れ」していたのは、世界経済の拡大で販売量が増え、円安の追い風がなくても増益になるとの見方があったため。今も世界景気の減速を示すような経済指標は見当たらず、大前提は変わっていない。
それでも、ドルトン・キャピタル・ジャパンの松本史雄氏は「短期的に為替に振らされやすくなる」とみる。2017年10~12月期の決算発表が進行中だが、市場関係者の視線はすでに来期業績に向いている。円高はアナリスト予想や企業の来期の想定為替レートに影響するため、1ドル=115円程度を前提に市場が期待する「来期2ケタ増益」のシナリオ見直しが現実味を帯びる。

トランプ米大統領は「弱いドル」を否定したものの、円高・ドル安の懸念はなおくすぶる。「トランプ氏は発言がコロコロ変わる人物。あっさり覆す可能性もあり、とても額面通りに受け取れない」(国内証券)ためだ。

さらに、「日銀の金融緩和縮小の思惑も根強い」(外資系証券)といい、仕掛け的な円買いも出やすい。約半年間の「なぎ相場」を経て円相場が動き出した。変動率(ボラティリティー)が高まることへの懸念が強まる。

年初から順調に上昇してきた日本株。だが、当面は為替にらみの神経質な展開が続きそうだ。

とのことです。ここにきて急に「日銀の金融緩和縮小論」が出てきました。将来的には金融緩和縮小は必至ですからいきなり出すと株価への影響も大きいでしょうから少しずつ織り込まれるように報道されているのかもしれません。
「オマハの賢人に素直に学ぶ」ブログに反して私は日本株(FA関連、優待のある株)も所有していますがFA関連株はこの間大幅に伸長していることやこの間の米国株と日本株の動きを見ていると日本株の永久保有はやはり難しいのかもしれません。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

米国株はさらに続伸!

26日のダウ平均は223.92ドル高の26616.71、ナスダックも94.61ポイント高の7505.77で取引を終了。VIXは11.08と下がっています。昨日発表された10-12月期GDP速報値が概ね堅調な内容となり、12月耐久財受注も予想を大幅に上振れで買いが先行。トランプ大統領がダボス会議での演説で米経済の好調さを強調し、環太平洋連携協定(TPP)の復帰を示唆したほか、為替相場でのドル安進行が好感され、終日堅調推移となっています。ダウ、ナスダック総合指数、S&P500指数は揃って最高値を更新と日本株の弱さとは対照的な動きとなっています。

為替は、日銀黒田総裁のインフレが進んでいるとの発言で108円前半まで円が買われたものの、その後発言の意図が報道され109円近まで売り戻された後、再び円高方向に進み108.62円で終わっています。



以下の名言ではないですが「見込みのない日本株を買うよりも、米国株の優良企業を適正な値段で買う方が全然良い。」でしょうか。

【今日のバフェット氏の名言】
「並の企業を安く買うよりも、優良企業を適正な値段で買う方が全然良い。」

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

米国株と日本株は対象的な動きに

25日のダウ平均は140.67ドル高の26392.79と連日の最高値更新です。ナスダックは3.90ポイント安の7411.16で取引を終了。VIXは11.58と株価上昇に伴い上昇傾向です。航空機大手ボーイングや事務用品大手スリーエムの上昇などで指数を引き上げています。

26日の日経平均株価は続落で37.61円安の23631.88円と連日米国株とは反対に下げています。日経VIは16.66横ばいです。トランプ大統領の談話で一時円安に振れましたが円高・ドル安の流れは変わらず、輸出関連業種を中心に利益確定の売りが広がっています。昨日同様に米国株は強いですげ日本株は崩れやすいですね。

為替は20:26現在、109円前後と若干値動きの激しい状況となっています。米財務長官がドルの下落を歓迎する姿勢トランプ大統領が火消をしたとか報道されていますが方向性がはっきりしない動きとなっています。為替ばかりはプロでも読めないと言われておりますからどうにもできないと思います。以前は私もFXにはまっていた時がありましたが、四六時中相場を見ていなければならずやっていて大変つらい思いをしました。また、日本株も仕事中に値動きが気になったりしてトイレでトレードしたりと百害あって一利なしです。その点、米国株は日本株のように売買もリアルタイムで瞬時にできませんしほっとくしかないのでサラリーマン投資家にとっては本当に向いていると思います。


今夜は経済指標で米商務省の発表する17年第4四半期(10-12月)期実質GDP(国内総生産)が注目となります。市場予想平均は季節調整済みの前期比年率換算で3.0%増です。バフェット指数から言ったら株価が上がっていますからGDPも上がってもらわないとまずいことになります。

【今日のバフェット氏の名言】
「人生においてはほんのいくつかのことを正しくやればいいんです、、、たくさん間違いを犯さない限り。」

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

さらに一段と円高となっています!

24日のダウ平均は41.31ドル高の26252.12、ナスダックは45.23ポイント安の7415.06で取引を終了。VIXは11.47と株価上昇に伴い上昇傾向です。複数の主要企業決算が市場予想を上振れ、買いが先行。為替相場でドル安が進行したことが好感されましたが、ハイテク株を中心に売りが広がり、上げ幅を縮小する展開となっています。昨日は逆の動きで一転となっています。

25日の日経平均株価は続落で271.29円安の23669.49円と大きく下がっています。日経VIは16.78とこちらも上昇傾向です。昨日同様に為替の円高・ドル安が嫌われ、輸出関連業種を中心に利益確定の売りが広がっています。昨日同様に米国株は強いですげ日本株は崩れやすいですね。

為替は20.31現在、108.97円と109円の壁も破り一段と円高となっています。米財務長官がドルの下落を歓迎する姿勢を示したことを受け、ドルの戻り売り圧力根強くなっています。


好調な業績への期待があるものの、昨年12月の日銀短観では、下期業績の前提となる想定為替レートは1ドル=109.66円となっています。この水準を超える円高となったことで「一時的な円高とみられるが、国内の市場参加者は様子見を決め込んでいる」(中堅証券)との声が聞かれています。日本株は、米国株が強いので何とかこのレベルで済んでいますが、米国株が調整に入り始めると大きく落ちる可能性があると思います。

【今日のバフェット氏の名言】
「リスクはあなたが何をやっているか理解していない時に起こる。」

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

円高が一段と進んでいます!

23日のダウ平均は3.79ドル安の26210.81、ナスダックは52.26ポイント高の7460.29で取引を終了。VIXは11.10とほぼ横ばいです。連邦政府機関の閉鎖が回避され先行き不透明感が後退しましたがS&P500とナスダック総合指数のみ最高値を更新です。動画ストリーミングのネットフリックス(NFLX)は契約者数が急増するなど好決算を発表して大幅上昇です。アマゾンやグーグルといったハイテク株も伸長しています。一方で医薬品のジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)は税制改革に伴う一時的な費用計上を受けて赤字決算となり、下落しています。税制改革で利益をこうむる企業もあれば一時的に赤字決算の企業もありますが先々はメリットが出るでしょうから下がったところが買い時かもしれません。

24日の日経平均株価も183円37銭安の23940.78円と大きく下がっています。日経VIは16.33とほぼ横ばいです。為替の円高・ドル安が嫌われ、輸出関連業種を中心に利益確定の売りが広がっています。米国株は強いですげ日本株は崩れやすいですね。

為替は21:35現在、109.48円と110円の壁をやぶり一段と円高となっています。米財務長官がドルの下落を歓迎する姿勢を示したことを受け、ドルの戻り売り圧力根強くなっています。


ドルの下落=ドル安は元々トランプ氏が大統領になった時に言っていましたから今さら感はあるのですが・・・。何しろアメリカファースト主義ですからアメリカ企業にとってはドル安は大歓迎なはずです。金利差からドル高円安になるのは長期的には確かでしょうから余力があればドルを買っておきたいところですが・・・。米国株を多く持っているので資産減にはなりますが日本株のようにスマホで現在の損益状況を見れるわけではないので精神的には穏やかに過ごせる利点かと思います。

【今日のバフェット氏の名言】
「株ではまずビジネスをそれ自体に注目することです。多くのプロの投資家や学者たちが、毎日の株価に一喜一憂しています。しかし、株価やマーケットの動向を、毎日、毎週、毎月追うことで、投資が成功するとは、私は考えていません。株は、そのビジネスの一部でしかないからです。注目すべきは、株価ではなく、事業そのものでなくてはなりません。」

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

米国株も日本株も揃って大幅続伸!

22日のダウ平均は142.88ドル高の26214.60、ナスダックも同様に71.65ポイント高の7408.03で取引を終了。VIXは11.03と若干下がっています。主要株式指数は最高値を更新。連邦政府機関の閉鎖が3日目に入ったことを嫌気して小幅に下落して寄り付いたものの、株式相場への影響は限定的との見方から緩やかに上昇する展開となっています。

23日の日経平均株価も307.82円高の24124.15円。日経VIは16.16とほぼ横ばいです。前日の米株高を受け買いが先行し、その後も上値を追う展開となった。

為替は20:35現在、110.42円と円高傾向となっています。


世界的な好況で企業業績への見方が強気に傾いているのに加えて、過去の累積売買代金が少なく戻り売り圧力が小さいことが背景にあるそうです。
日経平均は20000円から21000円に要するのに905日かかりましたが、その後は平均34日で1000円ずつ上げています。ダウ平均も17年1月25日に20000ドルに乗せて以降、平均60日で1000ドルずつ上げるなど上げ足を速めています。これまで金利が急激に上昇すると株の割高感が意識されて相場が崩れてきましたが、今回は緩やかな金融引き締めもあり大崩れしないとの見方も多いですが、「日銀の金融緩和の正常化」「北朝鮮等の地政学リスク」「トランプ大統領の政策」等で年後半のリスクを意識はされているようです。

【今日のバフェット氏の名言】
「他人が貪欲になっているときは恐る恐る。周りが怖がっているときは貪欲に。」

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日経平均は方向性が定まらない一日でした

22日の日経平均株価は、前日8.27円高の23816.33円と小幅続伸。日経VIは16.33とほぼ横ばいです。 一巡後は下げ渋り、大引けにかけてはまとまった先物買いに再びプラス圏入り。米上院でのつなぎ予算の採決の行方をにらみ積極的な買いではなかったようです。
小幅続伸ながら持ち株は110.77円とやや円高傾向となっています。


日経平均株価は方向性なく終わったようですが、個別株はおおむね良かったような感じでした。今後本格化する上場企業決算発表次第の相場に移っていくような気がします。

【今日のバフェット氏の名言】
投資は力仕事ではない。人一倍、読み、考えなくてはいけない。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ