2018年は調整局面に備えて現金化率を高めたい!

2017年は終わってみれば右肩上がりとなりましたので、Buy and Holdの長期保有者にとっては資産を増やすことができた年になったのではないでしょうか。

個人的には、3月までは相変わらず自分が思い込みで選定した日本版バフェット銘柄に手を出してはうまくいかなかったりと安定せず、ようやく目が覚めて米国株と国内優待株にシフトして2017年を無事に終えました。4月の調整時には一旦売って様子を見たいなとも思いましたが、下がったところでうまく再購入する自信がなくそのまま放置したことでその後の上昇局面についていくことができました(単に税金を払いたくなかったということもありますが・・・)。あくまでも結果論ですが資産を増やすことができました。

それでも、相変わらず「自分で銘柄を選定したい」という気持ちが捨てきれず、国内FA関連株を今さら買ったり、米国中国のハイテク銘柄に手を出したりと懲りない日々が続いています。「どの辺がオマハの賢人を素直に学んでいるのか?」と突っ込まれそうですが、気持ちと行動が一致しないというところが人間らしいということで許していただければと思っています。

まだまだ、購入したい(ラインナップに加えたい)銘柄はありますが、ここらで調整局面がきそうな気がすることもあり現金化率を高めて調整局面を待ちたいと思っています。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ