2018年保有株の内容

18年期首の保有株の内容は以下の通りとなります。

バフェット銘柄のうちコカ・コーラ、IBMは株価低迷もあり配当はあるものの含み益は少ない状況です。アルファベットA(グーグル)、アマゾン、テンセントも買ったタイミングが遅かったこともあり同様です。やはりバフェット銘柄と言っても安いタイミングで買わなければならないので同じように真似ができないところが難しいところです。

国内株では意外と優待目当て株がタイミングよく買えたこともあり含み益になっています。基本的に配当+優待利回りのよい銘柄を選定しています。しかし、12月権利確定だったすかいらーくは投資ファンドの売り出しにより痛い目に合ってしまいました。今後優待改悪があるとみて一旦権利確定後に撤退しています。今の条件で継続であればクロス取引を狙ってみたいと思っています。ソフトバンクは完全にバフェット銘柄ではないものの長期的には化ける銘柄かと思いholdしています。キーエンス、ファナックなどは株価が軟調になったところでどうしても欲しくなり買ってしまいました(お前は子供か!)。

債券は見なかったことにしてください。数年前に高利回りにつられてどんなものかわからず買ってしまいました。完全に今では後悔していますが償還を待つしかありません。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ