米国株 2018年初日は大幅上昇

2018年初日の米国株式相場は大幅上昇しました。ダウ平均は104.79ドル高の24824.01、ナスダックは103.51ポイント高の7006.90で取引を終了です。VIXは9.77と大きく低下です。為替相場は、米ドル112円前半と約0.5円ほど円高に振れています。


新年早々に上がったのは気分が良いですが、長期保有者にとっては【ミスター・マーケット】の言うことは関係ないですからね。今回も上がった理由は「米景気への楽観的な見通しが根強く」「為替相場でドル安が進行したことが好感」「イランや北朝鮮を巡る地政学リスクへの警戒感が広がったものの、相場への影響は限定」とのことです。いつも思うのですがこの手の理由は本当に後付けだなと思います。明日下がれば、逆の理由がつけられますから。
釈迦に説法ですが、【ミスター・マーケット】とは、賢明なる投資家の中でグレアムが「株式市場は、情緒不安定なパートナー、【ミスター・マーケット】みたいなものです。【ミスター・マーケット】は毎日、会社を売り買いしてもらうために値段を提示してきます。とんでもない値段をつけてくることもありますが、何度断っても、次の日にはまた違う値段を提示してくるのです。【ミスター・マーケット】は、株式市場そのものです。株を売り買いする人たちの気まぐれによって、株価は刻々と変化しています。それをいちいち気にしていたら、自分の意思で投資をすることなどできなくなってしまうでしょう。」と言っています。
そうは言っても、昨日は私がバフェットに逆らって買ったAMZN+1.67%、GOOGL+1.88%、NVDA+3.02%、BABA+6.51%、テンセント+2.91%が揃って上がったことは素直にうれしい限りです。まあ、何があってもHold 銘柄ですから特にすることはないのですが・・・。
大幅な円高になれば今後のためにドルを買っておきたいですし、狙っているKHC が下がれば買いたいと思いますので今しばらくは様子見ですね。
今日のバフェット氏の名言「投資は力仕事ではない。人一倍、読み、考えなくてはいけない。」
★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ