つみたてNISA始動 口座申し込みは25万件

昨日、つみたてNISAに関しての記事を書きましたが、本日の日本経済新聞 電子版にちょうど記事が掲載されました。

●2018年1月に始まった積み立て方式の少額投資非課税制度「つみたてNISA」が個人マネーの新たな受け皿になりつつある。主な証券・銀行12社の17年末時点の口座申し込みは約25万件となっている。
従来のNISA総口座数は、2017年12月時点で1061万口座ですからそれと比べるとかなり少ない数字ですね。
SBI証券によると「まだこれからという印象」「口座開設は20~30代が6割を占める」とのことです。

●つみたてNISAは若年層の資産形成を促すために金融庁の肝煎りで立ち上がった。毎月、定額の投信を購入する積み立て投資は高値圏では少なく、安値圏では多くの口数を買うことになる。その結果、平均単価を抑えるメリットを得やすい。14年に始まった既存のNISAを活用した積み立て投資額は4000億円を突破しており、ニーズも高まっていた。

若年層でない私が始めようとしたのは少し早まりましたか・・・

●投資対象は金融庁が長期の資産形成に「適格」と定めた投資信託に限られ、17年末時点で135本がお墨付きを得た。販売手数料が無料であることや、長期投資の効果が薄れてしまう毎月分配型を除く、といった要件が定められている。このうち9割が日経平均などの市場平均並みの運用成績を目指すインデックス投信だ。また投資対象で見ると全体の4割を複数の資産に分散投資を行うバランス型投信が占める。
●もっとも、市場平均を上回る成績を目指すアクティブ投信は1割程度の14本と少ない。金融庁が「運用期間は5年以上」「期間の3分の2以上で資金流入超」といった厳しい要件を定めたためだ。また制度の認知度向上も課題だ。

この記事だけ読むと素人としては市場平均並みのインデックス投信よりも市場平均を上回るアクティブ投信にしたいと思うかもしれません。「オマハの賢人に素直に学ぶ」ブログとしては、バフェット氏の推奨するインデックス投信です。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ