米国株も日本株も揃って続伸!

昨夜の米国市場は、ダウ平均は152.45ドル高の25075.13、ナスダックは12.38ポイント高の7077.91 で取引を終了して続伸。VIXは9.22と若干上がっています。

12月ADP雇用統計が予想を上振れ、原油相場やその他資源価格の上昇も好感したことで堅調に推移しました。
本日の夜は、12月の雇用統計の他に11月の米貿易収支、12月の米ISM非製造業景況指数、11月の米製造業新規受注などが発表されることもあり、為替相場も様子見かという報道もありましたが、為替相場は17時現在米ドル113.16円と昼過ぎからさらに円安に振れています。
日経平均もその関係で前場は伸び悩んでいたのですが、終わってみれば208.20円高の23714.53円です。これでたった2日間で1000円近くの上昇となっています。ダウ平均も24000ドルから25000ドル超えに要した日数は23営業日と過去最短とのことで少しピッチが速いかもしれません。それでも論調としては総強気というわけではなく、「18年は軟調な場面がある」との意見も出ていますので「相場は悲観の中で生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えてゆく(アメリカの著名投資家ジョン・テンプルトン)」でいえば「懐疑の中で育っている」状況なのかもしれません。
「オマハの賢人に素直に学ぶ」ブログとしては、バークシャーの第3四半期末現金保有が過去最高の1090億に達している状況ですので今は買うよりも今後軟調な場面になった時に買う銘柄を検討することにしましょう。


【本日の取引】
上記では今は買う時期ではないと書いていながら、3月優待株の方で気になる銘柄があり6238フリューを買ってしまいました。まあ投資額が少ないですから遊びの範疇ということで許してください。

【今日のバフェット氏の名言】
「他人が貪欲になっているときは恐る恐る。周りが怖がっているときは貪欲に。」

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ