米国市場 連日の200ドル超上昇って・・・

12日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は228.46ドル高の25803.19、ナスダックは49.28ポイント高の7261.06で取引を終了。VIXは10.16と続伸の中で上がっています。連日の史上最高値更新です。日本株と比べるとやはり力強いですね。さすがにこういう感じだとどこで買ったらよいかは難しいと思います。
この日は、大手銀行の税制改革による企業業績の押し上げ効果が再認識され、大手行のJPモルガン(JPM)は、予想を上回る決算を発表して上昇。一方でウェルズファーゴ(WFC)は架空口座などの不正問題の解決に今しばらく時間がかかるとの見方を示し小幅下落です。ウェルズファーゴは昨年は架空口座の問題もあり低迷しましたが、11月からは約20%上がっておりこの理由はどうかと思いますが・・・
ネット小売のアマゾン(AMZN)は、モルガン・スタンレーが目標株価や投資判断は維持したものの、強気のシナリオとして2000ドルの株価予想を示し、上昇。アマゾンはPER260.52、PBR32.28も問題ともせずにいつみてもGOOGLよりは上げ幅が大きく、一時期同じ1000ドル台の時もありましたが今では180ドル近く差がついています。私は両方の銘柄を持っていますが、アマゾン80万円に対してグーグル220万円と少し残念な結果となっています。しかし、私の性格(PERやROI重視)ではアマゾンは買えませんね~。
まあ、アマゾンが2000ドルまで行けば同じ価値になるかもしれません(笑)。

私が先日買ったクラフト・ハインツはこの相場の中でも鈍い動きで昨日もダウ平均が200ドル超でも下落していましたが、終値では若干上がっています。同じ食品関連のコカコーラも年初から鈍い動きですから我慢強く保有したいと思います。

【今日のバフェット氏の名言】
「他人が貪欲になっているときは恐る恐る。周りが怖がっているときは貪欲に。」

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ