日米揃って続伸です!



26日のダウ平均は399.28ドル高の25709.27、ナスダックは84.07ポイント高の7421.46で取引を終了。長期金利は2.864と横ばい、VIXは15.8とさらに下がっています。アジア・欧州株がほぼ全面高となり、米国株にも買いが先行。長期金利の上昇が一服しハイテク株が選好され、終日堅調推移となっています。

27日の日経平均株価は前日比236.23円高の22389.86円と大幅に3日続伸です。日経VIは21.03と横ばいです。米株高を好感して238円高からスタートすると、前引けにかけて一時22502.05円(前日比348.42円高)まで上昇する場面もありました。ただ、25日線の位置する22500円水準では利益確定の売りが出やすく、本日予定されるパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を見極めたいとの思惑もあり、後場に入るとこう着感の強い展開となっています。

為替前日終値106.94円、20:12現在、107.02円と再び円安傾向で方向感のない動きとなっています。

日経平均は昨年11月レベル並みですが、米国株は既に今年の1月中旬のレベルまで戻ってきています。日本株については海外勢の売りが強烈なようでこのまま日本株を持ち続けるのはどうかと迷っています。私が持っているのは「家族サービス用の優待株」「人口減を見据えて伸びると確信しているFA関連株」「大化けするかはたまた期待外れに終わるかのソフトバンク」です。
この春はいろいろまとまったお金が必要で、今回の株価暴落で投資したこともあり若干使えるキャッシュに不安があります。企業同様にうまくキャッシュをまわせるかが鍵となっています。

以下は為替の週足で今の106円台というのはかなり円高に振れているレベルかと思います。そう考えると今回の株価暴落、円高というのは米国株投資にとって絶好の買い場だったのかもしれません。

【今日のバフェット氏の名言】
「時の経過は優良企業にとっては仲間だが、平凡な企業にとっては敵だ。」
1919年、コカコーラが株式公開した時の株価は40ドル。翌年、株は暴落し19ドルに。でもそのまま売らずに持ち続けていれば、今では1株500万ドル(約5億円)以上。短期的に株価を追えば平凡企業も優良企業の株も日々乱高下し、その真の価値を見失いがちですが、長期的なスパンで見ればその差は自ずと株価に反映されるものです。裏を返せば今飛ぶ鳥を落とす勢いで株価が上がっている企業でも、中身が伴っていなければ、いずれ化けの皮は剥がれ株価は下落するでしょう。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日経平均は米国株高を受けて続伸です


26日の日経平均株価は前日比260.85円高の22153.63円と大幅続伸です。朝方は、前週末の米国株高を受けて買い優勢、一時333.75円高もありました。日経VIは20.72下がっています。
海外勢の先物買いが観測とのことで、東証1部の売買代金は2兆2469億円と今年2番目の低水準で株価が上がっているわりには力強さに欠ける様子です。以下のグラフを見ていてもこの先大幅に戻すかというと?です。

為替は、18:32現在、106.65円と再び円高に振れています。

【今日のバフェット氏の名言】
「経営が良ければ株価は自ずとそれを反映する。」

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

米国株は長期金利、VIXともに下がり大幅上昇です

script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”>

23日のダウ平均は347.51ドル高の25309.99ドル、ナスダックは127.305ポイント高の7337.391と大幅に上がっています。長期金利は2.866と横ばい、VIXは16.49と下がっています。米長期金利の指標である10年物の米国債利回りの低下が続き、金利上昇で株価の割高感が高まるとの警戒感が後退。変動性指数(VIX)の低下傾向が続いたことも市場心理の改善につながっています。取引終了にかけて買いの勢いが増し、ダウ平均はこの日の高値圏で取引を終了。米連邦準備理事会(FRB)が年2回、議会に提出する金融政策報告書で「さらなる緩やかな利上げが正当化される」との見方を示した。ただ、インフレ圧力や賃金上昇加速に対してはそれほど強い警戒感がみられていません。利上げペースが速まるとの警戒感がやや和らいだことも買い安心感につながっています。

為替前日終値106.79円と円安方向に戻して終了しています。

日米ともに上昇傾向となっていますがなんとなく不安定な感じがしています。

【今日のバフェット氏の名言】
「ゆっくり金持ちになりたい人なんていないよ。」

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ここからが重要な局面のような気がします

script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”>

22日のダウ平均は164.70ドル高の24962.48、ナスダックは8.14ポイント安の7210.09で取引を終了した。週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、株価下落を受けた買い戻しが広がり買いが先行。1月景気先行指数が予想を上振れたほか、原油相場の上昇が好感され上げ幅を拡大したものの、長期金利の下落で金融セクターに売りが広がり、上値の重い展開となった。長期金利は2.912と横ばい、VIXは18.72と若干下がっています。セントルイス連銀総裁は米経済を過度に減速しかねないとして、早急な利上げに懐疑的な見方を示しています。

23日の日経平均株価は前日比156.34円高の21892.78円と反発。朝方は、22日のNYダウ上昇を受けて買いが先行した。その後、円高・ドル安が重しとなり、伸び悩む場面もあったが、時間外取引での米株価指数先物高を支えに持ち直し、上げ幅拡大の流れとなっています。日経VIは22.08とこちらも若干下がっています。

為替前日終値106.75円、22:06現在、106.32円と日中の円安傾向から再び円高に振れています。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

米国長期金利が上昇しています!

script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”>

21日のダウ平均は166.97ドル安の24797.78、ナスダックは16.08ポイント安の7218.23と続落です。前日に引き続き金利上昇を嫌気した売りに押されています。米長期金利は2.952とさらに上がって、いよいよ3%目前となっています。VIXは20.02とこちらは横ばいです。

為替前日終値107.77円、19:23現在、107.32円と若干円高に振れています。リスク回避のドル売り・円買いが進行しています。

22日の日経平均は、234.37円安の21736.44円と大幅反落です。日経VIは25.01と上がっています。一時343.96円安まで下押しする場面もありました。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

米国長期金利上昇とともに円安が進んでいます。

script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”>

20日のダウ平均は254.63ドル安の24964.75、ナスダックは5.16ポイント安の7234.31で取引を終了。前週の株価上昇を受けて利益確定の動きが広がったほか、為替相場でのドル高進行、長期金利の上昇も嫌気され、軟調推移です。米長期金利は2.891と高いままです。VIXは20.6とこちらも高いままです。

為替前日終値107.33円、18:28現在、107.52円と円安傾向に進んでいます。米財務省が実施する入札を控えた債券利回りの上昇を受け、ドル買いが優勢となって円安となっています。

21日の日経平均は、45.71円高の21970.81円と反発です。日経VIは22.96と横ばいです。朝方は、円安・ドル高歩調を受け買いが先行。連休明け20日の米国株安が重しとなり、いったん下げ転換したが、その後は円安進行とともに上げ幅を拡大。後場入り直後には前日比205.48円まで上昇する場面がありました。

本日は日経平均が米国市場の影響を受けて下がると思いましたが、円安の関係もあり堅調に推移しています。

【今日のバフェット氏の名言】
「人生においてはほんのいくつかのことを正しくやればいいんです、、、たくさん間違いを犯さない限り。」
バフェット氏はたくさん売買はしません。でも年に数回、これは絶対に利益を出せると思うものだけドンと買い物をします。年に数回正しいことをするだけで巨万の富を築いた生き字引です。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

円安でも株価上がらず・・・

 

19,20日の日経平均は、428.96円高、224.11円安の21925.1円です。日経VIも22.21、23.84と上がっています。前日の米国市場は、プレジデントデーの祝日で休場でした。その関係もあり手掛かり材料に乏しく、欧州株式市場が総じて売られた流れを引き継いだでいます。外国為替市場では1ドル=106円台後半と円安含みで推移しましたが主力輸出株の反応は限定的でした。

為替前日終値106.59円、20:57現在107.09円と円安方向になっています。

先週末は円高でも株高がありましたが、本日は円安で株安と完全に連動性のない動きとなっています。これが意味するものは・・・。

2006年の急落時と今年の状況が似ているとの記事が出ていました。
インフレ圧力が高まると米連邦準備理事会(FRB)は政策金利を引き上げ、物価の伸びを抑制する。利上げには2年金利が反応しやすい。一方、景気の先行きに懸念が高まると長期の金利が上がりにくくなる。こうして、景気の天井では短期が長期を上回る「逆転」が起きる。2006年には年初から逆転が起き、11月に差がもっとも大きくなった。1年ちょっと先の07年12月から景気後退に入っている。株式相場は日経平均が同年7月、米ダウ工業株30種平均が10月にピークを付けた。
今年は2月16日時点での10年金利は2.9%と、2年金利との差は0.7%。まだ逆転までは距離がある。ただ、予想以上の財政拡大や物価上昇で、FRBは今年4回、利上げするとの観測も強まってきた。
今後、長期金利と短期金利の逆転等があると景気後退=株安の場面を想定すべき時がくるかもしれません。

【今日のバフェット氏の名言】
「経営が良ければ株価は自ずとそれを反映する。」

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日米揃って続伸も長期金利と為替との連動性が薄れています

 

15、16日のダウ平均は、海外株高やドル安を受けて投資家心理が改善し、6営業日続伸です。306.88、19.01ドル高の25219.38ドルで終了。ナスダックは112.81ポイント高、16.96ポイント安の7239.47で引けています。米長期金利は2.906、2.873と横ばいです。VIXは19.13、19.46とこちらも横ばいです。バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイがアップルの買い増しを公表しましたがIBMはほとんど売却してしまいました。

米株市場では前週から荒い値動きが続いていたが、注目イベントだったインフレ指標の発表を通過し、市場は落ち着きを取り戻しています。ただ、市場関係者からは「買い材料がなく、強気な投資家は少ない。2万5000ドルや2万6000ドルという節目を回復したところで利食い売りが出て、下値では押し目買いが入る、もみ合いの展開がしばらく続きそうだ」(準大手証券)との声が聞かれています。

16日の日経平均は、255.27円高の21720.25円と続伸です。日経VIは23.48と横ばいです。リスク回避の売りの反動による買い戻しが続き、日経平均株価は一時400円以上高い場面もあったが、後半は円高が重荷となり伸び悩んでいます。

為替前日終値106.20円、105円台までと円高が進みましたが106円台に戻して終了しています。

米国株も長期金利は上がっている者の株価は上がり、日本株も円高なのに株価が上がるなど連動性が薄れています。

本日は確定申告をe-taxで行いました。配当について総合課税か分離課税かで迷いました。また、あやうくiDeCoの申請を忘れるところでした。本来は年末調整でやるべきところ国民年金基金連合会から送られてきた書類に気づかずに保管していました。

【今日のバフェット氏の名言】
「並の企業を安く買うよりも、優良企業を適正な値段で買う方が全然良い。」

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ダウ平均は4日連続続伸、日経平均は4日ぶりに反発


14日のダウ平均は、強いインフレ指標を嫌気した売りが先行し一時、150ドル安となったものの、押し目買いが入って4営業日続伸です。253.04ドル高の24893.49ドルで終了。ナスダックは130.11ポイント高の7143.62で引けています。強いインフレ指標を手掛かりに米長期金利は2.913と2.9%台まで上がってきています。VIXは19.26まで下がって、市場では安心感が広がっています。市場関係者からは「ボラティリティーはまだ高めなので、急に上昇トレンドに戻ることはないだろうが、ひとまず底は打った雰囲気になっている」(準大手証券)との声が聞かれています。

15日の日経平均は、310.81円高の21464.98円と4日ぶりに反発です。日経VIは25.37と下がっています。市場では「株価指数は4日ぶりに反発したが、対ドルでの円高進行が警戒され、上げ幅を縮小したようだ。粗い値動きの収束と対ドルで円高に振れた分を織り込むまで、今月いっぱいまでかかる可能性もある」(中堅証券)との声も聞かれています。

為替前日終値107.40円、20:46現在、106.50円と円高傾向に進んでいます。


米国市場は4日続伸ですが長期金利が上がっていますし安心できません。
一方、日経平均は4日ぶりの反発ですが円高傾向となっておりこちらもますます安心できません。
もうしばらく不安定な状況は進むと思います。

【今日のバフェット氏の名言】
「喜んで10年間、株を持ち続ける気持ちがないなら、たった10分でも株を持とうと考えるべきではありません。株式の理想の保有期間は永久です」

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ