バフェット氏は企業の可能性を見抜く力に優れている


1976年彼が慕う恩師のグレアム氏が会長まで務めた自動車保険会社のガイコは経営危機にありました(株価は61ドルから2ドルまで暴落)。しかし、代理店を通さずに直接販売する方法やCEOのジャックバーン氏の経営者としての資質、悪いことを株主の隠さず情報開示する方法を高く評価して「株価はかなり割安である」と判断して投資を決めています。バフェット氏の投資も契機になり1977年には早くも黒字に転換しました。バフェット氏はガイコに継続して投資しバークシャー・ハサウェイの子会社にしています。

バフェットの成功ルール7
「悪いニュースは直ちに報告させること」
普段の仕事でもそうですよね。何か悪いニュースは上司に即時報告・対応です。そのこと自体が評価されます。

※参考文献:「マンガ ウォーレン・バフェット」森生文乃

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ