日米揃って続伸です。少し安心感が出てきています。


29日の米国株式相場はニューヨーク株式相場は、最近売られていたハイテク株に買い戻しが入り、反発です。NYダウは254.69ドル高の24103.11ドル、ナスダックは114.22ポイント高の7063.45で取引を終了。VIXは19.97と下がり、長期金利は2.741と下がって、短期金利は2.27と横ばいでその差が0.471と縮まってきています。
相場に安心感が出てきていますがこれが逆転するときは注意ですね。

今月中旬に発覚したインターネット交流サイト(SNS)最大手フェイスブックの個人情報流出問題をきっかけに、市場のけん引役だったハイテク株に売りが拡大。前日28日もトランプ米大統領が独占禁止法による訴追や課税強化でネット通販最大手アマゾン・ドット・コムの締め付けを検討していると一部で報じられ、同社株が相場の重しとなった。
 この日もトランプ氏がツイッターでアマゾンを批判したものの、値頃感から同社を含むハイテク株に買い戻しが入り、相場全体を押し上げた。堅調な原油相場を好感してエネルギー株にも買いが集まり、ダウは一時465ドル高まで上昇した。
 市場関係者は「月末、四半期末の持ち高調整の買いも入ったようだ」(日系証券)と指摘した。

30日の日経平均株価も295.22円高の21454.30円と大幅続伸です。日経VIは22.55と下がっています。
3日ぶりに200日移動平均線を回復した。朝方は、29日の米国株式がハイテク株中心に買い戻され大幅反発した流れを好感し、買い優勢で始まった。いったん上値が重くなったが、株価指数先物買いを交えて再び上げ幅を広げ、後場前半には21512.80(前日比353.72円高)を付ける場面があった。その後、年度末・月末・週末要因もあり、持ち高調整売りに伸び悩む場面もあったが、下値は限定され、大引けにかけて盛り返した。
 市場からは「日経平均は200日線をキープしたが、25日線にハネ返された。戻り売りが警戒され、当面もみ合いが続くのではないか。為替は落ち着いてきたが、さらに後押しする材料が必要だ」(準大手証券)との声が聞かれた。

為替は、20:23現在、106.18円と円安傾向から再び円高方向に動いています。

【今日のバフェット氏の名言】
「経営が良ければ株価は自ずとそれを反映する。」
バフェット氏に言わせればそれはナンセンスです。過去の株価は将来の株価を何にも保証しないと。人の心理を突くために、過去の株価を見て予測するのは結構なことですが、それよりも何よりも、会社の将来性を見抜く能力があれば、過去も未来の株価も心配する必要はないのです。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日米ともに大幅下落です


27日の米国株式相場は昨日の大幅上昇が続かず大幅下落です。NYダウは344.89ドル安の23857.71、ナスダックは211.74ポイント安の7008.81で取引を終了。朝方は買いが先行したものの、3月消費者信頼感指数が事前予想を下回り上値の重い動きとなった。午後に入って米アリゾナ州が配車サービスのウーバーに対して州内道路での自動運転車運用の無期限停止を命令したことをきっかけに、半導体関連株が急落。この動きがハイテクセクター全体に広がる形となり、引けにかけてナスダックは3%近い大幅下落となった。

VIXは22.5と上昇、長期金利は2.775、短期金利は2.27と横ばいです。

28日の日経平均株価も286.01円安の21031.31円と大幅安です。日経VIは24.11と大幅に上がっています。
朝方は、27日の米国株式がハイテク株中心に売られて大幅反落した流れを受け、売り優勢で始まった。きょうは3月期末の権利落ち日で配当落ち分(約160円)の影響もあり、下げ幅を拡大し、一時2万776円82銭(前日比540円50銭安)まで下落した。一巡後は、対ドルでの円弱含みや、日銀のETF(上場投資信託)買い思惑もあって大引けにかけて下げ渋りの動きとなった。機関投資家による配当再投資の買い思惑も指摘された。
 市場からは「決定的な売り材料がなければ、クラッシュするようなことはないだろうだが、上値は重く当面は見送り状態が続きそうだ。為替動向とともに、外国人投資家の売りが一巡し、買いに転換するかがポイントになる」(準大手証券)との声が聞かれた。

為替は、20:31現在、105.92円と円安方向に動いています。

もう大丈夫かと思ったらまた下落です。上昇相場への移行は予定通りもう少し時間がかかるかもしれません。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日米揃って大幅高です


26日の米国株式相場は669ドル高の大幅反発です。ダウ平均は669.40ドル高の24202.60、ナスダックは227.88ポイント高の7220.54で取引を終了。
貿易戦争の回避に向けて米中高官が交渉を開始し、貿易摩擦への警戒感が緩和したことで、先週の株価下落を受けた買い戻しの動きが先行となった。中国側が米国製半導体の購入拡大を検討していることも報じられ、ハイテク株を中心に大幅上昇となった。
建築資材のUSG(USG)は、同業の独クナウフの買収提案を拒否したものの、筆頭株主である投資会社のバークシャー・ハサウェイが約31%の出資持分の全売却をクナウフに打診していたことが明らかとなり、20%近い上昇。

筆頭株主のバークシャー・ハサウェイが売却とは気になるニュースです。やはり現金化比率を高めようとしているのでしょうか?

また、トランプ大統領は、英国での元ロシア情報員の暗殺未遂事件を受けて欧州やカナダと同調し、ロシア外交官60人を国外退去とした。今後の展開次第では、地政学リスクの上昇が予想される。

VIXは21.03と下落、長期金利は2.852、短期金利は2.275と横ばいです。

23日の日経平均株価も551.22円高の21317.32円と大幅高です。日経VIは22.82と大幅に下がっています。
朝方は、米中貿易摩擦への懸念後退を背景に26日の米国株式が大幅反発した流れを受け、買い優勢で始まった。円高一服や、時間外取引での米株価指数先物高も支えとなった。また、注目された森友問題をめぐる佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問で、同氏は文書改ざんは理財局で対応し、首相や首相官邸の関与を否定、国内政局に対する不安が和らいだことも投資家心理の安定化につながり、上げ幅拡大の流れとなった。

為替は、20:17現在、105.71円と円安方向に動いています。

先週の下げから戻していますが、下がったところで怖くなって売ってしまった人はつらい相場ですね。今年に入ってボラリティが激しいですから、短期投資家にとっては難しい相場かと思います。この先の動きは誰にもわかりませんから、下がっても損失が気にならない範囲で投資した方が精神的にも良いかと思います。

【今日のバフェット氏の名言】
「リスクはあなたが何をやっているか理解していない時に起こる。」
自分の適応範囲、自分の理解できる範囲とでも訳しましょうか、要はこの範囲を外れて投資は絶対にしないと言います。その裏には、自分が知らないものに投資するとリスクを生じるというこの言葉があるのです。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日経平均は若干の反発

 

26日の日経平均株価は前週末比148.24円高の20766.10円と反発。日経VIは25.41と若干下げ。
朝方は、米中貿易摩擦が懸念され、前週末の米国株式が大幅安となり、円高が進行した流れを嫌気し、売り優勢で始まった。株価指数先物売りを交えて下げ幅を拡大し、一時2万347円49銭(前週末比270円37銭安)まで下落した。一巡後は、円高一服や時間外取引での米株価指数先物高に加え、日銀のETF(上場投資信託)買い観測も支えとなり、持ち直しの流れとなった。後場後半には上げに転じ、大引けにかけて次第高となった。
 市場からは「日本株が突出して下げていただけに、その分戻るだろうが、米中貿易戦争など不透明な要因が解消した訳ではなく、戻りのメドは読みづらい」(準大手証券)との声が聞かれた。

為替は、21:38現在、105.12円と円安方向に動いています。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

米国株は反発せずに続落です

 

23日の米国株式相場は、米中が「貿易戦争」に突入するとの警戒感が強まり大幅続落です。ダウ平均の終値は前日比424.69ドル安の23533.20ドルと、約4カ月ぶりの安値水準で終了。ナスダック総合指数は174.01ポイント安の6992.67で終了。
VIXは24.87と上昇、長期金利は2.813、短期金利は2.258と共に若干下がっています。

トランプ大統領は前日に最大600億ドル規模の中国製品に25%の関税を課す貿易制裁措置を決定。米中間の報復の応酬がエスカレートすることへの懸念から前日のダウは急落。23日は割安感から押し目買いも入ったものの、その勢いは弱かった。
 拒否権行使の構えを示していたトランプ大統領が23日午後に2018年会計年度歳出法案に署名し、政府閉鎖が回避されたことを好感し、ダウは一時150ドル上昇したものの、取引終盤に売りが加速し、下げ幅を大きく拡大した。
 トランプ政権は23日に鉄鋼・アルミニウムの輸入制限措置を発動。これに対し、中国は23日に128品目に及ぶ報復対象を発表した。米中の摩擦が貿易戦争に発展し、これまで好調だった世界経済の成長が鈍化するとの懸念が広がっている。
 また、2016年の米大統領選でフェイスブック利用者の個人情報が不正に利用されていた問題も引き続き相場の重しとなった。個人情報を扱うIT企業に対する規制が強化されるとの警戒から、フェイスブックのほか、アルファベットやアマゾン・ドット・コムなどIT株が広く売られた。
 投資家の不安心理の指標となるシカゴ・オプション取引所の恐怖心指数(VIX)は危険水準とされる20を上回り高止まりしている。市場では「貿易戦争への懸念に加え、フェイスブックの問題もあって相場の地合いは悪い。株価が下がってもなかなか押し目買いが入らない」(準大手証券)との先行きへの不安が高まっている。

為替は、19:42現在、104.74円と円高方向のままです。

NYダウの先行指数とも言われているNYダウリートは、リーマン前のピークの360ドルを超えれずに金利上昇もあり大きく下がっています。リーマンショック時もNYダウを下回っています。今回もそれと同じだとすると当面調整しそうな気がします。今後は上がれば利確し現金比率を高めるのが良いかもしれません。


【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

年初2回目の恐れていたことがついに・・・


22日の米国株式相場は下落。米中が「貿易戦争」に突入するとの警戒感が強まり、大幅続落です。ダウ平均の終値は前日比724.42ドル安の23957.89ドルと、1カ月半ぶりに24000ドルの節目を割り込んでいます。ナスダック総合指数は同178.61ポイント安の7166.68で終了しています。ダウ平均は昨年11月終わりのレベル、ナスダックは今年の1月のレベルです。VIXは23.34と大幅上昇、長期金利は2.823、短期金利は2.283と共に若干下がっています。
トランプ米大統領が同日に署名を予定していた中国の知的財産権侵害に対する貿易制裁の発動を命じる文書に関連し、中国からの輸入品に年500億ドル(約5兆3000億円)規模の関税を適用するとの報道が嫌気されています。トランプ氏が同文書に署名した後は、材料出尽くし感からダウはいったん下げ止まったものの、中国が報復措置を示唆している中、世界1、2位の経済大国が「貿易戦争」に突入しかねないとの警戒感が重しとなり、終盤にかけて再び売り圧力が強まっています。
市場関係者からは「今後は中国の報復がどうなるのかが焦点だろう。ナイキやアップルなど、中国に対する存在感が大きい米企業への影響も注目される」(準大手証券)との声が聞かれました。

23日の日経平均株価も974.13円安の20617.86円と大幅安です。日経VIは27.00と大幅に上がっています。
米国株の大幅安と朝方の円高進行を嫌気して全面安スタート。早々に直近安値を割り込み、下値模索が続き、前引けにかけては下げ渋る動きも見られたが、後場は週末で買いも手控えられる中、売りが売りを呼ぶ展開。前場で値を保っていた銘柄も軒並み崩れ、警戒ムードが一段と強まりました。14時半すぎには下げ幅が1000円を超え、20500円台に突入しほぼ安値圏で終えています。

為替は、19:42現在、104.91円と大幅に円高方向に動いています。

うーん。復活は早いと思っていましたがここできましたか。割高感はあっても引き上げるのは難しいですね。バフェット氏はIBMから撤退し現金比率が高まっているとの報道がありましたから素直に学ぶべきだったのかもしれません。
この間、ハイテク株のFANGの株価も陰りを見せておりこの先どのように動けばいいかは非常に難しいところです。かといってバフェット氏も完全に撤退しているわけではなく、やはり株価上昇に伴って現金化比率を高めて大きく調整したところで買いに入るというのが正解かもしれません。覚悟はしていたものの・・・。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
リーマンショック以降、もう株式投資はやめたという人がたくさんいました。資産が半分以下に目減りすれば、誰もが恐怖心を抱いてもう二度と同じ目には遭いたくないと思うのは当然です。一方でバフェット氏はリーマンショック前まで、既に加熱していた株式投資からは引き揚げており、4兆円以上の現金をダブつかせていました。その後、暴落する市場からみんなが損を覚悟で逃げていくのを片目に、バフェット氏は株式市場に逆戻りし、バーゲンセールで多くの買い物をしました。そして今日皆さんもご存知の通り、アメリカの株式市場はリーマン以前の最高値を更新しています。バフェット氏は全ての投資で莫大な利益を得たのです。一方、アメリカ90年代後半のハイテクバブル。マイクロソフトやインテル、シスコなどナスダック上場のハイテク企業に投資すれば誰でも儲けられた時代、バフェット氏は1セントも投資をしませんでした。その後ハイテクバブル崩壊で多くの人が大損をしましたが、バフェット氏はもちろん1セントも失っていません。
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

米国株は軟調も日本株は反発です


21日の米国株式相場は下落。ダウ平均は44.96ドル安の24682.31、ナスダックは19.02ポイント安の7345.29で取引を終了。VIXは17.86と下がっています。長期金利は2.881、短期金利は2.308と若干下がっています。注目のFOMCでは大方の予想通り、政策金利が引き上げられました。パウエル議長は18年の利上げ見通しを維持したほか、経済見通しの改善を理由に19年から20年にかけての金利軌道の傾斜を強めています。発表後に一時上昇したものの、引けにかけて上げ幅を縮小し下落に転じています。

22日の日経平均株価も211.02円高の21591.99円と大幅高です。日経VIは20.64とさがっています。
朝方は米国株安などから売りが先行したものの下値を売る動きがみられずプラスに転じ、一時上げ幅を縮小する場面がみられましたが、ドル・円相場の落ち着きから後場に入り上げ幅を拡大しています。

18:57現在、為替105.66円と大幅に円高方向に動いています。

【今日のバフェット氏の名言】
「第1ルール、損しないこと。第2ルール、第1ルールを忘れるな。」
投資はギャンブルではありません。絶対に損することがあってはいけないのです。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日米ともに政治がらみで冴えない動きが継続


週明け19日のニューヨーク株式相場は、フェイスブックの急落をきっかけにリスク回避ムードが強まり、大幅反落です。ダウ平均は前週末終値比335.60ドル安の24610.91ドルで終了。ナスダックは137.75ポイント安の7344.24で引けました。VIXは19.02と大幅に上がっています。長期金利は2.856、短期金利は2.312と上がっています。
ティラーソン国務長官などトランプ米政権の主要閣僚の交代が続く中、さらなる人事刷新が行われるとの観測が広がっているほか、中国に対する新たな関税措置が近く発表されるとの警戒感もあり、売りが出やすい地合いでした。このため、幅広い銘柄に売りが出て、ダウは徐々に下げ幅を拡大。午後には一時、493ドル安を付けました。市場関係者からは「政治リスクに加え、今週は米連邦公開市場委員会(FOMC、20、21両日)やつなぎ予算の期限(23日)など警戒イベントが多く、多少の悪材料でも相場は下向きに動きやすくなっている」(準大手証券)との声が聞かれています。

20日の日経平均株価も99.93円安の21380.97円と続落です。日経VIは22.02と横ばいです。
前日の米国株市場でNYダウが一時500ドル近い下げをみせたことを受け、リスク回避の動きが強まっています。米国では会員情報の不正利用が判明したフェイスブック株が急落してハイテク株全般が下げを主導したが、この流れが東京市場にも波及し電機セクターなど中心に売りがかさみました。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を前にして買い手控えムードが漂うなか、日経平均は朝方に250円以上下げる場面もありましたが、後場に入ると日銀のETF買い観測や、3月期末の権利取りを狙った買いなどが入り、全般下げ渋り、日経平均の大引けは99円安まで戻しています。

19:31現在、為替106.41円と一旦円高方向に動きましたが円安に戻しています。

日米ともに政治がらみで冴えない動きが継続しています。米国市場の株価水準も割高との報道もあり、非常に難しい局面です。一旦利確して下がったところを買い戻すか、配当目当てに我慢してホールドするか・・・。
日本市場はともかく米国市場は長い目で見るしかないかもしれません。日本市場は弱すぎて利確するチャンスすらないですからね。

【今日のバフェット氏の名言】
「第1ルール、損しないこと。第2ルール、第1ルールを忘れるな。」
投資はギャンブルではありません。絶対に損することがあってはいけないのです。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

どうも冴えない動きです


16日の日経平均株価も195.61円安の21480.9円と大幅下落です。日経VIは21.91と横ばいです。
森友問題の影響により、安倍晋三内閣の支持率低下がメディア各社の世論調査で明らかとなり、投資家心理が後退しました。時間外取引での米株価指数先物安も重しとなり、先物売りを交えて軟化し、前場中盤には一時21366.88円(前週末比309.63円安)まで下落する場面がありました。一巡後は、日銀のETF(上場投資信託)買い期待を支えに後場前半にかけて下げ渋りましたが、戻りは限定的で、大引けにかけては上値の重い展開となりました。
市場からは「政治への不透明感が重しとなったが、今週はFOMC(米連邦公開市場委員会)などイベントが多く、21日は祝日でもあり、動きづらいところだ。200日移動平均線を維持しているが、もみ合い相場に変わりはない」(準大手証券)との声が聞かれたました。

20:41現在、為替106.13円と一旦円高方向に動きましたが若干戻しています。

どうも冴えない動きが続いています。かといって今から投資する状況ではないのでこういう時は次に大きく下落した時に何を買うかを検討しておいた方がよいかもしれません。

【今日のバフェット氏の名言】
「経営が良ければ株価は自ずとそれを反映する。」
会社の将来性を見抜く能力があれば、過去も未来の株価も心配する必要はないのです。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ