日米揃って続落です


27、28日のダウ平均は299.24ドル安、381.38ドル安の25028.65ドルと2日連続の大幅続落です。ナスダックも 91.11ポイント安、57.34ポイント安の7273.01と下がっています。長期金利は2.901、2.864と再び高くなっています。VIXも18.59、19.85と上がっています。昨夜は原油相場の下落を嫌気し大幅続落しましたが、市場では「インフレ懸念を背景とした長期金利上昇への警戒感は引き続き根強い。ダウは2万6000ドル台を再度挑戦するには買い材料に乏しく、方向感のない値動きが続く」(準大手証券)と指摘されています。

28、1日の日経平均株価も321.62円安、343.77円安の21724.47円と2日連続の大幅続落です。日経VIは22.09、24.59と上がっています。市場では「後場に入り、欧州投資家からとみられる売りが主力株に出たことで下げ幅を広げた。4日のイタリア総選挙やドイツの連立政権の行方などが不透明で、ポジション調整に動いた可能性もある」(中堅証券)との声が聞かれた。ここのところ月初めは上がっていたのですが・・・

為替前日終値106.67円、19:16現在、106.75円と再び円安傾向で方向感のない動きとなっています。

今回の調整は2-3ヶ月くらいはかかると言われていましたが、3日前までは力強い動きを見せていたのですがやはり調整が続くのでしょうか。国内株は一旦利確しようかと思っていると下がるというパターンがこの間続いています。

【今日のバフェット氏の名言】
「我々は永遠に株(企業)を保有し続けることを好む。」
これはデイトレーダーの方には理解し難い考え方だと思います。なぜなら売ってなんぼの世界だからです。でもバフェット氏はよく株を所有することは、その企業の一部を所有するということだと言います。株の売買は宝くじのように紙切れを買って当たった、外れた、上がった、下がったというものではないと。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ