日米揃って上昇です


5日のダウ平均は336.70ドル高の24874.76、ナスダックは72.84ポイント高の7330.70と大幅高で終了。長期金利は2.901、2.881、VIXも18.73と横ばいです。トランプ大統領による鉄鋼・アルミニウムの関税導入の方針について、ライアン下院議長が反対と懸念を表明したものの、撤回する意思がないことが報じられ売りが先行。しかしながら、2月ISM非製造業景況指数が予想を上振れたほか、原油相場の上昇が好感され上昇に転じています。また北米自由貿易協定(NAFTA)を見直すことを条件に、同地域への関税導入を見送る可能性が報じられたことも好感された。先週の株価下落受けた買い戻しの動きも広がり、ダウは一時400ドルに迫る上昇となっています。

6日の日経平均株価も375.67円高の21417.76円と大幅高です。日経VIは25.62と若干下がっています。円相場が1ドル=106円台前半まで下落したことも支援材料となり、本日の日経平均は348円高でスタートすると、前場には21551.14円(前日比509.05円高)まで上昇する場面もありました。輸出関連株や景気敏感株を中心に買い戻しが広がった。ただ、後場に入ると買い戻しが一巡し、利益確定の売りも出てやや伸び悩んでいます。

為替21:05現在、106.36円と再び円安傾向で方向となっています。

二番底をつけるような動きになっていますがこのまま上がるかは?です。日本株はSQも控えており素直に上がってくれるとよいのですが・・・

【今日のバフェット氏の名言】
「ゆっくり金持ちになりたい人なんていないよ。」
アマゾンのCEO、ジェフベゾス氏がバフェット氏に「何でみんなあなたの投資戦略を真似ないんですか?」と聞いた時にバフェット氏が答えた言葉です。バフェット氏の投資哲学や戦略は極めてシンプルで素人の投資家でも理解できるものです。ヘッジファンドのように高度な金融工学を駆使したり、コンピュータを操る必要はありません。バフェット氏の恩師、ベングラハム氏によって奨励される「バリュー投資」が基本にあります。いつの時代にもスタートレーダーやヘッジファンドマネージャーは神出鬼没しますが、バフェット氏ほど何十年にもわたって市場平均をコンスタントに打ち負かしてきた投資家は皆無です。そんな実績と証明があっても、人の性でしょうか、賢人の言うことにはあまり耳を傾けず、みんな早く金持ちになりたがるようですね。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ