アップル株に売りが膨らみ下落です

20日のニューヨーク株式相場は、業績悪化への懸念からアップル株に売りが膨らみ、3日続落。ダウ平均は前日終値比201.95ドル安の24462.94ドル、ナスダック総合指数は91.93ポイント安の7146.13と久しぶりに大きく下落しています。
この日はさらに、米金融大手の一部が4~6月期のアイフォーンの販売台数予想を従来の4050万台から3400万台に下方修正したことなどが嫌気され、アップル株は4.1%安と続落。1銘柄でダウを50ドル近く押し下げています。

VIXは16.88と上昇。長期金利は2.96、短期金利は2.461、その差は0.499と若干広がっています。

どうも米国個別株は下げる時は大きく下げますね。先日もタバコ関連のフィリップモリスが7%近く下げたりとコンピューター売買の影響なのか一方向に動く傾向があるようです。年初から続いている下落の復活は厳しそうな気配です。今は現金化比率をあげつつ積立NISAや配当の再投資等で時間差をつけた投資がよいようです。

【今日のバフェット氏の名言】
「 人生においてはほんのいくつかのことを正しくやればいいんです、、、たくさん間違いを犯さない限り。」
バフェット氏のバリュー投資は長期保有に重きを置きます。原点は投機と投資の違いです。バリュー投資家にとって日々の値動きやマクロトレンドは関心ありません。個々の会社が長期的にどう成長してリターンを生み出せるかを見るからです。なので株の取引も年に数回あるかないかというのも当たり前です。いつもマーケットの動向を見たり、経済ニュースを見ると、誰でも売買の衝動に駆られますが、たくさん売買してもかなりの確率で勝ちを治めないと、結局儲かっているのは証券会社だけということになってしまいます。バフェット氏はたくさん売買はしません。でも年に数回、これは絶対に利益を出せると思うものだけドンと買い物をします。年に数回正しいことをするだけで巨万の富を築いた生き字引です。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください