米国株上昇も日本株は下げています

4日の米国株式相場は大幅上昇。ダウ平均は332.36ドル高の24262.51、ナスダックは121.47ポイント高の7209.62で取引を終了。4月雇用統計は失業率が改善された一方で、非農業部門雇用者数と平均時給の伸びが予想を下振れ、朝方は小動き。バフェット氏がアップル株を大幅に買い増したことが好感され、その後はハイテク株を中心に大幅上昇。
VIX14.77、長期金利は2.951、短期金利も2.505とその差は0.446と縮まっています。

7日の日経平均株価は前営業日比5.62円安の22467.16円と小幅続落。朝方は、前週末4日の米国株高を受けて小高く始まったが、買い一巡後はドル安・円高が重しとなり、下げに転じた。株価指数先物売りに押され、前営業日比121.87円安まで下落し、前引けにかけて安値圏でもみ合った。後場は、買いが先行した。円相場が対ドルで伸び悩むとともに日銀のETF(上場投資信託)買い期待を支えに持ち直し、大引け間際には再度プラス圏入りする場面もありました。
市場からは「後場は、日銀のETF買いが入ったとみられるが、インパクトのある材料に乏しく、全体的にみれば上にも下にも行きにくい感じだ。決算真っ只中であり、しばらくはこんな調子ではないか」(準大手証券)との声が聞かれた。

【今日のバフェット氏の名言】
「並の企業を安く買うよりも、優良企業を適正な値段で買う方が全然良い。」
投資先でもスーパーの商品でもそうですが、安かろう悪かろうではやはり駄目なのです。優良なものを適切な値段で買うことの方が結果的に得るものが多いとバフェット氏は言いたかったのでしょう。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください