今度はイタリアの政局不安です

29日の日経平均株価は122.66円安の22358.43円と3営業日ぶりに大幅反落。日経VIは15.99と上がっています。
28日の米国市場はメモリアルデーの祝日で休場ながら、イタリアの政局不安などを背景に同日の欧州主要株式が下落した流れを受け、投資家心理が後退。一時240.70円安まで下押す場面がありました。
 市場からは「イタリアの政局不安による影響は心理的な面が大きくムード売りが先行した格好だ。材料がなく出来高も少ないなか、目先筋の動きに揺さぶられたが、過熱感を冷ます期間ともいえよう」(準大手証券)との声が聞かれた。

為替は108.94円と日中円高に振れていましたが円安に若干戻しています。

【今日のバフェット氏の名言】
「リスクはあなたが何をやっているか理解していない時に起こる。」
自分の適応範囲、自分の理解できる範囲とでも訳しましょうか、要はこの範囲を外れて投資は絶対にしないと言います。その裏には、自分が知らないものに投資するとリスクを生じるというこの言葉があるのです。つまり他人の土俵では絶対に相撲は取らないのです。それは他の人がどれだけハイテクバブルで巨万の富を得ていてもです。FXや先物をやっているあなた。あなたの投資対象はあなたの理解の範囲内でしょうか?

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください