日米とも反落です

15日の米国株式相場は9日ぶりに反落。ダウ平均は193ドル安の24706.41ドル、ナスダックは59.688ポイント安の7351.627で取引を終了。VIXは14.63と大幅に上昇、長期金利は3.072とこちらも大幅に上昇、短期金利は2.577、差は0.495と広がっています。
米10年債利回りが一時3.09%と6年10カ月ぶりの水準に上昇したことが警戒されNYダウは反落です。

16日の日経平均株価は前営業日比100.79円安の22717.23円と続落。日経VIは15.20と上昇。
朝方は、米長期金利の上昇を背景に15日の米国株式が下落した流れを受け、売りが先行。1-3月期実質GDP(国内総生産)速報値が市場予想平均を下回り、9四半期ぶりにマイナス成長となったことも重しとなり、前引けにかけて軟調に推移。後場は、海外投資家の買いが観測され、下げ渋る場面もあったが、株価指数先物売りをきっかけに一段安となり、後半には一時前日比122.18円安まで下押しました。一巡後は下げ渋ったが、戻りは鈍く、大引けにかけてさえない展開。

市場からは「米国株が売られた一方、ドル高・円安となり、好悪材料がきっ抗している。1-3月期GDPの数字は良くないが、4-6月期の回復はコンセンサスであり、悲観的に受け止める必要はないだろう。日経平均ベースで今期EPS(1株利益)予想は減少するが、それでも割安感があり、とりあえず2万3000円まで戻すとみている」(国内投信)との声が聞かれた。

為替は110.10円と大幅な円安方向から若干戻しています。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日米ともに大幅続伸です

10日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は196.99ドル高の24739.53、ナスダックは65.07ポイント高の7404.97で取引を終了。VIX
は13.23、長期金利は2.964、短期金利は2.534、差は0.430と縮まっています。
週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、4月消費者物価指数が予想を下振れ、追加利上げ観測が後退し買いが先行。ハイテク株を中心に買いが広がり、終日堅調推移。

11日の日経平均株価は前営業日比261.30円高の22758.48円大幅続伸。日経VIは15.19と何故か上昇。
朝方は、米利上げ観測の後退を背景に10日の米国株式が上昇した流れを好感し、買い優勢。その後、伸び悩む場面もあったが、買い気は根強く上げ幅拡大の流れ。株価指数先物に断続的な買いが入るとともに、好業績株への買いも相場の押し上げにつながり、大引け前には一時271.98円高まで上昇。
市場からは「短期もみ合い圏から上に向かい、2月初めの『マド』埋めが意識される。きょうで決算も山場を越えるが、業績内容は懸念されていたほど悪くはない。SQも通過し、戻り売りをこなしつつジリ高の可能性がある」(準大手証券)との声が聞かれました。

為替は109.28円と若干円高傾向となっています。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日米ともに続伸です

9日の米国株式相場は原油高を受けてエネルギー関連株を中心に買いが入り、5営業日続伸。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比182.33ドル高の24542.54ドル、ハイテク株中心のナスダック総合指数は同73.01ポイント高の7339.91で終了。
VIXは13.42と下落、長期金利は3.006、短期金利は2.534、差は0.472とやや広がっています。
9日は原油高を好感した格好だが、市場では「原油価格の高騰が続き、長期金利の上昇が止まらなくなれば、金融市場の波乱要因になる。ガソリン価格の上昇は個人消費にも悪影響が出る」(準大手証券)との警戒もくすぶっていた。

10日の日経平均株価は前営業日比88.30円高の22497.18円と続伸です。日経VIは14.77と下落。
前日の欧米株高や為替の円安基調を背景に買いが先行、取引時間中も堅調なアジア株を横目にリスクを取る動きが終始優勢。米国のイラン核合意からの離脱発表も影響は限定的との見方が広がり、決算発表を絡め個別株物色が旺盛。日経平均2万2500円近辺では戻り売り圧力が強く、上値の重さも意識されたようだ。気迷いムードを映すように、値上がり銘柄数と値下がり銘柄数がほぼ一致するという珍しいケースでした。

【今日のバフェット氏の名言】
「並の企業を安く買うよりも、優良企業を適正な値段で買う方が全然良い。」
投資先でもスーパーの商品でもそうですが、安かろう悪かろうではやはり駄目なのです。優良なものを適切な値段で買うことの方が結果的に得るものが多いとバフェット氏は言いたかったのでしょう。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

バフェット氏がハイテク大手企業を賞賛!

7日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は94.81ドル高の24357.32、ナスダックは55.60ポイント高の7265.21で取引を終了。投資会社バークシャー・ハサウェイ(BRKB)を率いるバフェット氏が、週末に開催された株主総会や前後のメディアへのインタビューで、大量追加取得したアップル(AAPL)のほか、アマゾン(AMZN)やグーグル(GOOGL)などハイテク大手企業を賞賛する発言を行い、ハイテクセクターを中心に買いが先行。中国が貿易摩擦問題で一部関税引き下げを示唆したことも好感され、堅調推移となりました。しかし、米国が2015年に締結したイラン核合意から離脱する可能性が強まっており、トランプ大統領がイラン核合意を巡る対応について明日発表することを明らかにすると、引けにかけて上げ幅を縮小する展開となりました。

8日の日経平均株価は前営業日比41.53円高の22508.69円と3営業日ぶりに反発。日経VIは14.86と下落。朝方は、ドル安・円高が重しとなり、寄り付き直後に前日比43.93円安まで弱含んだが、下値は限定的で一巡後は上げに転じました。7日の米国株高が支えとなり、株価指数先物買いを交えて持ち直し、前場後半には一時99.52円高まで上昇する場面がありました。後場は、利益確定売りに抑えられ、いったん上値が重くなったが、買い気は根強く、大引けにかけては底堅く推移。
市場からは「手掛かり材料は決算だけ。それも指数寄与度の大きい銘柄はほとんど発表が終了し、影響も乏しい。日経平均の日足は、きのうが下ヒゲ陰線で、きょうは上ヒゲ陽線となり、もみ合い状態にある」(準大手証券)との声が聞かれました。

【今日のバフェット氏の名言】
「並の企業を安く買うよりも、優良企業を適正な値段で買う方が全然良い。」
投資先でもスーパーの商品でもそうですが、安かろう悪かろうではやはり駄目なのです。優良なものを適切な値段で買うことの方が結果的に得るものが多いとバフェット氏は言いたかったのでしょう。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

米国株上昇も日本株は下げています

4日の米国株式相場は大幅上昇。ダウ平均は332.36ドル高の24262.51、ナスダックは121.47ポイント高の7209.62で取引を終了。4月雇用統計は失業率が改善された一方で、非農業部門雇用者数と平均時給の伸びが予想を下振れ、朝方は小動き。バフェット氏がアップル株を大幅に買い増したことが好感され、その後はハイテク株を中心に大幅上昇。
VIX14.77、長期金利は2.951、短期金利も2.505とその差は0.446と縮まっています。

7日の日経平均株価は前営業日比5.62円安の22467.16円と小幅続落。朝方は、前週末4日の米国株高を受けて小高く始まったが、買い一巡後はドル安・円高が重しとなり、下げに転じた。株価指数先物売りに押され、前営業日比121.87円安まで下落し、前引けにかけて安値圏でもみ合った。後場は、買いが先行した。円相場が対ドルで伸び悩むとともに日銀のETF(上場投資信託)買い期待を支えに持ち直し、大引け間際には再度プラス圏入りする場面もありました。
市場からは「後場は、日銀のETF買いが入ったとみられるが、インパクトのある材料に乏しく、全体的にみれば上にも下にも行きにくい感じだ。決算真っ只中であり、しばらくはこんな調子ではないか」(準大手証券)との声が聞かれた。

【今日のバフェット氏の名言】
「並の企業を安く買うよりも、優良企業を適正な値段で買う方が全然良い。」
投資先でもスーパーの商品でもそうですが、安かろう悪かろうではやはり駄目なのです。優良なものを適切な値段で買うことの方が結果的に得るものが多いとバフェット氏は言いたかったのでしょう。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ダウ平均が弱い!

2日のニューヨーク株式相場は、米企業収益の頭打ちへの懸念から4営業日続落。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比174.07ドル安の23,924.98ドル、ナスダックは29.8ポイント安の7100.9。VIX15.97、長期金利は2.976、短期金利も2.492とその差は0.484と横ばいです。

【今日のバフェット氏の名言】
「並の企業を安く買うよりも、優良企業を適正な値段で買う方が全然良い。」
投資先でもスーパーの商品でもそうですが、安かろう悪かろうではやはり駄目なのです。優良なものを適切な値段で買うことの方が結果的に得るものが多いとバフェット氏は言いたかったのでしょう。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

円安が進んでいます

1日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は64.10ドル安の24099.05、ナスダックは64.43ポイント高の7130.7で取引を終了。
VIXは15.49と下落、長期金利は2.968、短期金利も2.504とその差は0.464と横ばいです。

1日の日経平均株価は35.25円高の22472.78円と小反落。日経VIは15.17と下げ。
市場からは「日銀のETF(上場投資信託)買いが入っているかもしれないが、指数をうんぬんする状況ではない。連休中に重要イベントを控えており、新規の買いやカラ売りはできず、利益確定売りや買い戻しが主体だ」(準大手証券)との声が聞かれています。

ドル円は109.83円とさらに円安が進んでいます。

【今日のバフェット氏の名言】
「並の企業を安く買うよりも、優良企業を適正な値段で買う方が全然良い。」
投資先でもスーパーの商品でもそうですが、安かろう悪かろうではやはり駄目なのです。優良なものを適切な値段で買うことの方が結果的に得るものが多いとバフェット氏は言いたかったのでしょう。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

2018年7月株優待情報

【優待おすすめ銘柄】
7月は株優待が27と少なくなっています。
但し、特定の地域やカテゴリーの優待は対象外としていますので他のSBI証券のHP等で調査をよろしくお願いします。
「株価が割高」「極端に業績が悪い」「優待額の少ない」銘柄はメリットがないと判断して除いています。2018/5/1調べ
“2018年7月株優待情報” の続きを読む

5月期首 保有株情報


18年5月期首の保有株の内容は以下の通りとなります。

4月は優待目当て株を一旦利確しました。しかし、その後上がってしまい目論見から外れてしまいました。次回権利取得までは期間がありますのでじっくり待ちたいと思います。

米国株ではあまりにも上がらないクラフトハインツ株を半分損切し、その資金でアマゾンとエヌビディアを買い増ししました。
原油高騰もあり、フィリップス 66の含み益が増えています。

★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ