昨夜のダウも寄天、今後どうなるか分岐点です

週末29日のニューヨーク株式相場は、好決算だったナイキの急騰にけん引され、小幅続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均の終値は前日比55.36ドル高の2万4271.41ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は同6.62ポイント高の7510.30で引けた。
VIXは16.09と下落、長期金利は2.86と上昇、短期金利は2.532と上昇、差は0.328と若干広がっています。

29日の日経平均株価は、日経平均は3日ぶり反発。28日の米国市場でNYダウが98ドル高と反発したことや、為替相場が前日より円安方向に振れていたことなどから、本日の日経平均は44円高でスタートした。ただ、週末であることに加え、米通商政策に対する警戒感も根強く、前場の日経平均は22145.48円(前日比124.91円安)まで下落する場面があった。後場に入ると欧州連合(EU)首脳会議で移民問題について合意したことが伝わり、円相場の下落とともに日経平均は再びプラス圏へ浮上したが、買いは続かず小高い水準でのもみ合いが続いた。 大引けの日経平均は前日比34.12円高の22304.51円となった。
日経VIは19.40と若干下落。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

恐怖指数も上がり厳しい局面です

27日の米国株式相場は下落。ダウ平均は165.52ドル安の24117.59、ナスダックは116.54ポイント安の7445.09で取引を終了した。トランプ大統領が、中国による対米投資制限について対米外国投資委員会(CFIUS)の役割強化での対応を選択し、強硬措置を避けたことが好感され、買いが先行。原油相場の上昇も好感されたが、主要ハイテク株や長期金利低下を受けて金融株に売りが広がり、下げ幅を縮小して軟調推移。
VIXは17.91と大幅上昇、長期金利は2.827と横ばい、短期金利は2.508と下落、差は0.319とかなり縮まっています。

28日の日経平均株価は、前日比1円38銭安の2万2270円39銭と小幅に続落して取引を終了。朝方は、米国株安の動きを受け売りが先行。一時200円を超える下げをみせる場面もあった。売り一巡後は、米株価指数先物が時間外取引で堅調に推移したことから、株価指数先物にややまとまった買いが入り、下げ幅を縮小。
日経VIは19.89と上昇。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ダウはようやく反発です

22日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は119.19ドル高の24580.89、ナスダックは20.14ポイント安の7692.82で取引を終了した。石油輸出国機構(OPEC)で協調減産が緩和されたものの、想定内の増産に留まったことで原油相場が上昇し、S&P500とダウが上昇。しかし、米国と中国及び欧州連合(EU)との貿易摩擦への懸念が強まっており、上値は限られた。
VIXは13.77と下落、長期金利は2.895と下落、短期金利は2.545と横ばい、差は0.35とやや縮まっています。

25日の日経平均株価は円高・ドル安に加え、米国の保護主義的な政策による貿易摩擦の拡大懸念が売りを誘い、日経平均株価は前営業日比178円68銭安の2万2338円15銭と続落、東証株価指数(TOPIX)は16.56ポイント安の1728.27と3営業日続落となった。日経VIは18.65と上昇。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

米国株は8営業日下落

21日のニューヨーク株式相場は、米国を震源地とした世界的な貿易摩擦への警戒感が重しとなり、8営業日続落した。8日続落は約1年3カ月ぶり。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比196.10ドル安の2万4461.70ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は反落し、同68.56ポイント安の7712.95で引けた。
VIXは14.64と上昇、長期金利は2.899と下落、短期金利は2.541と横ばい、差は0.358と縮まっています。

21日の日経平均株価は企業業績に対する米中貿易摩擦問題の影響が懸念され、自動車株を中心に主力株の売りが広がった。日経平均株価は前日比176円21銭安の2万2516円83銭と反落。日経VIは17.55と上昇。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日本株が続伸です

20日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は42.41ドル安の24657.80、ナスダックは55.93ポイント高の7781.51で取引を終了した。朝方は、昨日の株価下落を受けた買い戻しが先行。メディアセクターで買収合戦が激化し、市場再編への期待を見込んだ買いが集中したほか、ハイテク株が選好されたものの、経済フォーラムでパウエルFRB議長が利上げ継続への正当性を主張したことで米国債利回りが上昇し、上値は限られた。VIXは12.79と下落、長期金利は2.937と上昇、短期金利は2.566と横ばい、差は0.371と拡がっています。

21日の日経平均株価は前日比137円61銭高の2万2693円04銭と続伸した。外国為替市場での円安基調を受けて、株価指数先物への買い戻しが優勢となった。日経VIは16.67と下落。

.

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日経はかろうじて反発です

19日の米国株式相場は下落。ダウ平均は287.26ドル安の24700.21、ナスダックは21.44ポイント安の7725.59で取引を終了した。トランプ政権が2000億ドル相当の中国からの輸入品に対して、新たに10%の関税を賦課する計画を明らかにし、貿易戦争への警戒感から売りが先行。中国政府が報復措置をとれば、さらに2000億ドル分の中国製品に追加課税を課す方針も示され、投資家心理の悪化から終日軟調推移。
VIXは13.35と上昇、長期金利は2.897と下落、短期金利は2.549と横ばい、差は0.348と縮まっています。

20日の日経平均株価は前日比276円95銭高の2万2555円43銭と3日ぶりに反発。朝方は、ドル安・円高一服や前日大幅続落の反動から買い先行で始まったが、米中貿易摩擦への警戒は根強く下げに転じる場面もあった。一巡後は持ち直し、後場終盤にかけて上げ幅を拡大し、一時2万2581円40銭(前日比302円92銭高)まで上昇した。円相場が弱含むとともに、時間外取引の米株価指数先物高や中国・上海総合指数の上げ転換なども支えとなった。日経VIは17.34と急落。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日経平均は大幅下落です

18日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は103.01ドル安の24987.47、ナスダックは0.65ポイント高の7747.02で取引を終了。対中貿易摩擦への懸念から売りが先行。6月NAHB住宅市場指数が年初来の低水準に落ち込んだことも嫌気された。原油相場の上昇に伴い、引けにかけて下げ幅を縮小したものの、上値の重い展開となった。
VIXは12.31と若干上昇、長期金利は2.917と下落、短期金利は2.553と横ばい、差は0.364と横ばいです。

19日の日経平均株価は前日比401円85銭安の2万2278円48銭、東証株価指数(TOPIX)は27.51ポイント安の1743.92と、ともに大幅続落。米中貿易摩擦の激化を懸念した円高・ドル安進行を受けて、ほぼ全面安の展開だった。日経VIは19.79と急上昇。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ナスダックは強いですが日本のハイテク株は弱い動き

14日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は25.89ドル安の25175.31、ナスダックは65.34ポイント高の7761.04で取引を終了。
VIXは12.12と下落、長期金利は2.935と下落、短期金利は2.57と横ばい、差は0.365と縮まっています。

15日の日経平均株価は、前日比113円14銭高の22851.75円と反発。日経VIは15.00と下がっています。

【今日のバフェット氏の名言】
「我々は永遠に株(企業)を保有し続けることを好む。」
バフェット氏はよく株を所有することは、その企業の一部を所有するということだと言います。株の売買は宝くじのように紙切れを買って当たった、外れた、上がった、下がったというものではないと。株で分かりにくい人は友達の事業に出資すると考えて見ると良いでしょう。友達が資本金1000万円で事業を始めたいので、100万円出資してくれないかとあなたに頼んだとしましょう。つまり100万円が友達の会社の10%分をあなたが所有するための対価なのです。もし友達の事業が波に乗り、初年度の利益が100万円、翌年が200万円、その翌年が400万円と上がっていったとしましょう。単純にその10%分があなたのものなのです。それは場合によっては配当金という形で利益の一部を友達が還元してくれるかもしれませんし、更なる事業拡大のために内部留保して原資として使うかもしれませんが、いずれにしても企業の資産価値が上がり続ける以上、あなたの10%の価値も上がり続けるのです。株を買って投資するとはそういうことなのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ