ナスダックは強いですが日本のハイテク株は弱い動き

14日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は25.89ドル安の25175.31、ナスダックは65.34ポイント高の7761.04で取引を終了。
VIXは12.12と下落、長期金利は2.935と下落、短期金利は2.57と横ばい、差は0.365と縮まっています。

15日の日経平均株価は、前日比113円14銭高の22851.75円と反発。日経VIは15.00と下がっています。

【今日のバフェット氏の名言】
「我々は永遠に株(企業)を保有し続けることを好む。」
バフェット氏はよく株を所有することは、その企業の一部を所有するということだと言います。株の売買は宝くじのように紙切れを買って当たった、外れた、上がった、下がったというものではないと。株で分かりにくい人は友達の事業に出資すると考えて見ると良いでしょう。友達が資本金1000万円で事業を始めたいので、100万円出資してくれないかとあなたに頼んだとしましょう。つまり100万円が友達の会社の10%分をあなたが所有するための対価なのです。もし友達の事業が波に乗り、初年度の利益が100万円、翌年が200万円、その翌年が400万円と上がっていったとしましょう。単純にその10%分があなたのものなのです。それは場合によっては配当金という形で利益の一部を友達が還元してくれるかもしれませんし、更なる事業拡大のために内部留保して原資として使うかもしれませんが、いずれにしても企業の資産価値が上がり続ける以上、あなたの10%の価値も上がり続けるのです。株を買って投資するとはそういうことなのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください