日経はかろうじて反発です

19日の米国株式相場は下落。ダウ平均は287.26ドル安の24700.21、ナスダックは21.44ポイント安の7725.59で取引を終了した。トランプ政権が2000億ドル相当の中国からの輸入品に対して、新たに10%の関税を賦課する計画を明らかにし、貿易戦争への警戒感から売りが先行。中国政府が報復措置をとれば、さらに2000億ドル分の中国製品に追加課税を課す方針も示され、投資家心理の悪化から終日軟調推移。
VIXは13.35と上昇、長期金利は2.897と下落、短期金利は2.549と横ばい、差は0.348と縮まっています。

20日の日経平均株価は前日比276円95銭高の2万2555円43銭と3日ぶりに反発。朝方は、ドル安・円高一服や前日大幅続落の反動から買い先行で始まったが、米中貿易摩擦への警戒は根強く下げに転じる場面もあった。一巡後は持ち直し、後場終盤にかけて上げ幅を拡大し、一時2万2581円40銭(前日比302円92銭高)まで上昇した。円相場が弱含むとともに、時間外取引の米株価指数先物高や中国・上海総合指数の上げ転換なども支えとなった。日経VIは17.34と急落。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください