FBショック起きましたが影響なく

26日のニューヨーク株式相場は、米国と欧州連合(EU)による「貿易戦争」回避に向けた動きを好感し、3日続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比112.97ドル高の2万5527.07ドルで終了。一方、ハイテク株中心のナスダック総合指数は反落し、80.06ポイント安の7852.18で引けた。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比1664万株増の8億3463万株。
 トランプ米大統領とEUのユンケル欧州委員長は25日、ホワイトハウスで会談し、自動車を除く工業製品の関税撤廃に向けて新たな貿易対話を始めることで合意した。通商問題をめぐる米欧の関係改善への期待から輸出関連株を中心に買いが入り、ダウを押し上げた。
 一方、前日引け後に4~6月期決算を発表したインターネット交流サイト(SNS)最大手のフェイスブックは、利用者のプライバシー保護を強化するためのコスト増加などを理由に、今後数年にわたり収益が悪化するとの見通しを表明。これを受けてフェイスブック株は急落し、アマゾン・ドット・コムなど他のIT株もつれ安となった。
 市場関係者は「アルツハイマー型認知症薬の臨床試験結果を受けてバイオ医薬品のバイオジェンも大きく売られた。きょうのナスダック市場はITとバイオのダブルパンチだった」(日系証券)と話した。
VIXは12.14と下落、長期金利は2.982と上昇、短期金利は2.69と上昇、差は0.292とかなり縮まっています。

27日の日経平均株価は前日比125円88銭高の2万2712円75銭と反発し、高値引け。朝方は、26日の欧州株式・NYダウの上昇や円高・ドル安一服を支えに買いが先行した。その後、円下げ渋りとともに中国・上海総合指数安が重しとなり、一時2万2593円20銭(前日比6円33銭高)まで上げ幅を縮小する場面があった。一巡後は、持ち直しの動きを強め、大引けにかけて一段高となった。日銀が午後2時に指定する利回りで無制限に国債を買い入れる「指し値オペ」を通知し、円相場が再び弱含んだこともあり、支えとして意識された。
 東証1部の出来高は13億8133万株、売買代金は2兆1679億円。騰落銘柄数は値上がり1398銘柄、値下がり623銘柄、変わらず80銘柄。
 市場からは「来週の日銀決定会合までは金融緩和策の一部修正思惑を引きずるだろうが、具体的なものは出ないとみられ、通過後は出尽くしになろう。結局は、決算中心の個別株物色に傾斜しよう」(準大手証券)との声が聞かれた。
日経VIは16.01と下落。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日米ともに上昇です

24日のニューヨーク株式相場は、主要企業の好決算を受け、4営業日ぶりに反発した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比197.65ドル高の2万5241.94ドルで終了。一方、ハイテク株中心のナスダック総合指数は同1.10ポイント安の7840.77と、ほぼ横ばいで引けた。前日引け後にグーグルの持ち株会社アルファベットが発表した4~6月期決算は、売上高が前年同期比25.6%増、実質1株当たり利益も市場予想を大きく上回った。また、ダウ構成銘柄のユナイテッド・テクノロジーズがこの日朝方に発表した決算は純利益が42.2%増となり、同社は通期の業績見通しを上方修正した。
 主要企業の好決算を受けて投資家のリスク選好意欲が改善し、この日のダウは買い優勢で開始。ハイテク株に買いが集まったほか、原油先物価格の持ち直しを眺めてエネルギー株も上昇した。
 ただ、米国が他国に仕掛ける「貿易戦争」の先行き不透明感がくすぶる中、ハイテク株が上げ幅を縮小するなどして上値は限られた。
 米通商代表部(USTR)は24、25の両日、知的財産権侵害を理由にした160億ドル規模の中国産品への制裁関税に絡み公聴会を開催。25日には米欧首脳会談も控える。欧州連合(EU)は米国が検討中の輸入車関税に反対しており、関税を回避できるかに注目が集まっている。
VIXは12.41と下落、長期金利は2.95と横ばい、短期金利は2.637と上昇、差は0.313とかなり縮まっています。

25日の日経平均株価は前日比103円77銭高の2万2614円25銭と続伸。朝方は、24日のNYダウの反発を受け、買いが先行した。いったん2万2600円台に乗せた後、戻り売りに上げ幅を縮小し、2万2547円14銭(前日比36円66銭高)まで押し戻された。その後、円やや弱含みもあって持ち直し、前場中盤過ぎには2万2645円66銭(同135円18銭高)まで上昇する場面があった。一巡後は、再び伸び悩む場面もあったが、総じて高値圏でのもみ合いとなった。
 市場からは「後場は様子見だ。本格化する決算発表をにらみ、上にも下にも仕掛けづらい。円高歩調ながら1ドル=111円台なら問題はなく、米・EU(欧州連合)の通商協議も極端なことにはならないだろう。ただ、決算モードに入り、指数よりも個別重視になる」(準大手証券)との声が聞かれた。
日経VIは16.21と下落。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日米ともに下落です

19日午前のニューヨーク株式相場は、世界的な貿易摩擦激化への懸念が広がる中、反落している。優良株で構成するダウ工業株30種平均は午前10時05分現在、前日終値比127.37ドル安の2万5071.92ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は36.39ポイント安の7818.05。
 米商務省は19日、自動車・同部品の輸入制限をめぐる公聴会をワシントンで開催。同省は通商拡大法232条に基づき、輸入自動車と同部品に関する影響調査を既に開始しており、輸入の増加が安全保障上の「脅威」に当たると判断すれば、輸入車などに高関税を課す方針だ。自動車業界は輸入車などへの追加関税に軒並み異議を唱えているが、同省がどのような判断を下すか予断を許さない。また、トランプ米大統領は18日、今月25日に予定されている米・欧州連合(EU)首脳会談について、自動車分野で米側が納得する成果が得られなければ「とてつもない報復」を行う可能性があると警告。世界的な貿易摩擦激化への懸念が広がり、ダウは寄り付きから下落して始まった。
 また、前日まで5営業日続伸していた反動から利益確定の動きも出やすくなっているもようだ。一方、これまでに発表された2018年4~6月期の米企業決算はおおむね堅調な内容が続いており、企業業績への期待が相場を下支えしている。
VIXは12.87と上昇、長期金利は2.84と横ばい、短期金利は2.591と下落、差は0.247とかなり縮まっています。

20日の東京市場は、終始不安定な展開となった。前日の米国株市場でNYダウなど主要指数が下落したことに加え、トランプ米大統領がFRBの利上げに批判的な発言をしたことが、米長期金利低下とそれに付随するドル売りの動きを誘発、外国為替市場で1ドル=112円台前半まで円高が進んだことが寄り付きの買い手控え要因となった。寄り後は押し目買いが入り、いったんプラス圏に浮上したが、前場後半には中国の人民元安が進んだことを嫌気する形で先物を絡めた大口の売り仕掛けが日経平均を押し下げた。一時は220円あまり下落する場面もあったが、中国・上海株市場が午後に入り急な戻り足をみせたことを受け、今度は空売りの買い戻しが入り、全体は急速に下げ渋った。ただ、全体の約64%の銘柄が下げる展開で相対的に小型株への売りが目立つ。
日経VIは16.38と上昇。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日米ともに伸長ですが・・・

 

17日のニューヨーク株式相場は、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が米経済の先行きに自信を示したことが好感され、4営業日続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均の終値は、前日終値比55.53ドル高の2万5119.89ドル(暫定値)。ハイテク株中心のナスダック総合指数は反発し、同49.40ポイント高の7855.12と、2営業日ぶりに史上最高値を更新して引けた。
VIXは12.06と下落、長期金利は2.86と横ばい、短期金利は2.615と上昇、差は0.245とかなり縮まっています。

18日の日経平均は4日続伸。17日の米国市場でNYダウは55ドル高と4日続伸、ナスダック総合指数は過去最高値を更新した。パウエル連邦準備理事会(FRB)議長が議会証言で米景気の堅調さを強調し、緩やかな利上げ継続を支持したことが好感された。為替市場では1ドル=113円台まで円安が進む場面があり、本日の日経平均はこうした流れから220円高でスタートした。前場には一時22949.32円(前日比251.96円高)まで上昇したが、節目の23000円に迫ると利益確定の売りも出て伸び悩み、この日の安値で取引を終えた。大引けの日経平均は前日比96.83円高の22794.19円となった。
日経VIは15.83と下落。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日経平均は上がっているものの・・・

週明け16日のニューヨーク株式相場は、方向感に乏しい中、金融株の上昇に支えられ小幅続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均の終値は、前週末終値比44.95ドル高の2万5064.36ドル。一方、ハイテク株中心のナスダック総合指数は3営業日ぶりに反落し、同20.26ポイント安の7805.72で引けた。この日のダウは序盤からもみ合いが続いた。朝方発表された市場予想を上回るバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)の4~6月期決算や米長期金利の上昇を手掛かりに金融株に買いが集まった一方、原油先物価格の急落に上値を抑えられた。
VIXは12.83と上昇、長期金利は2.856と上昇、短期金利は2.599と上昇、差は0.257とかなり縮まっています。

17日の東京市場は、前週の地合いを引き継ぎリスクを取る動きが継続した。米中貿易摩擦問題などトランプ米政権による通商政策に対する不透明感が重荷となっているものの、海外ヘッジファンドによる先物市場への買いなどを背景に、主力銘柄中心に上値を追う銘柄が多かった。外国為替市場では1ドル=112円台半ばの推移と円安傾向が継続していることも輸出株中心にポジティブに作用した。一方、中国・上海株や香港株などが軟調に推移し、中国向け輸出比率の高い機械株が売られるなど、輸出セクターでも明暗が分かれている。日経平均は前週末に400円以上の上昇をみせていたこともあって終盤は目先筋の手仕舞い売りが出て伸び悩んだ。
日経VIは16.39と上昇。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

日米ともに大幅高です。

米国株式相場は上昇。ダウ平均は224.44ドル高の24924.89、ナスダックは107.30ポイント高の7823.92で取引を終了した。トランプ政権による中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)への制裁解除を受けて、米中貿易摩擦への警戒感が後退し、買いが先行。昨日の下落を受けた買い戻しや、4-6月期決算発表への期待から、終日堅調推移となった。
VIXは12.58と下落、長期金利は2.849と上昇、短期金利は2.59と上昇、差は0.259とかなり縮まっています。

13日の日経平均株価は前日比409円39銭高の2万2597円35銭と大幅続伸。6月21日(終値2万2693円04銭)以来ほぼ3週間ぶりの高値水準となる。日経平均をTOPIX(東証株価指数)で割ったNT倍率は13.06倍と98年12月9日(13.08倍)以来の高いレベルとなった。
 朝方は、米中貿易摩擦で過度な警戒感が後退し、12日の米国株式が上昇した流れを好感して買い優勢で始まった。円安・ドル高も支援し、いったん2万2500円台に乗せた。その後は、前引けにかけて上げ一服商状が続いた。後場は、一段高。時間外取引での米株価指数先物の上昇が支えとなり、一時2万2692円86銭(前日比504円90銭高)まで上げ幅を拡大した。
日経VIは16.19と下落。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ようやく反発です。

週末6日のニューヨーク株式相場は、貿易摩擦の激化にもかかわらず、堅調な米経済指標を好感し、続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比99.74ドル高の2万4456.48ドルで終了した。ハイテク株中心のナスダック総合指数は同101.96ポイント高の7688.39で終わった。朝方発表された6月の米雇用統計は、非農業部門就業者数が前月比21万3000人増と市場予想(19万5000人増)を上回り、好調の目安となる20万人も上回った。中国や欧州連合(EU)などとの間で貿易摩擦が激化する中でも米景気は好調さを維持していると受け止められ、株式市場では買いが優勢となり、ダウの上げ幅は一時160ドルを超えた。さらに雇用統計では、物価上昇の先行指標として注目される平均時給の伸びが鈍化し、連邦準備制度理事会(FRB)は緩やかな利上げペースを維持するとの見方が広がったことも株価には支援材料となった。
 一方、米中両国は6日、双方の輸入品への追加関税を発動したが、市場は織り込み済みで売り材料にはならなかった。トランプ大統領は中国の対抗措置には2000億ドル分の中国製品への追加関税で応じると表明していたが、報復合戦が急速にエスカレートするとの悲観的観測はいったん後退している。
VIXは13.37と下落、長期金利は2.825と下落、短期金利は2.541と横ばい、差は0.284とかなり縮まっています。

週明け9日の東京株式市場はリスクを取る動きが優勢となり、日経平均株価は寄り付き高く始まった後、次第に上げ幅を広げ一時300円を超える上昇をみせた。きょうの東京市場はリスク選好の流れとなった。前週末の欧米株市場が総じて上昇、米国株市場ではNYダウなど主要指数が高く、特にハイテク株比率の高いナスダック指数の上昇が目立ったことで東京市場でも電機セクターなど中心に広範囲に買い戻しが先行した。米中貿易摩擦の問題はネガティブ材料だが、前週末発表された米雇用統計で非農業部門の雇用者数の伸びが市場コンセンサスを上回る一方、平均時給の伸び率が予測を下回り、米国の“適温経済”が継続するとの見方が東京市場でもプラスに働いている。取引時間中は中国や香港株などのアジア市場が堅調だったことも追い風。
日経VIは16.64と下落。

信用損益率もこの間の下限の-11%台にきて、ようやく反発して日経平均と日経VIが逆転しました。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

厳しい状況が続いています

3日のニューヨーク株式相場は、米中貿易摩擦の激化への懸念がくすぶる中、4営業日ぶりに反落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比132.36ドル安の2万4174.82ドルで終了した。ハイテク株中心のナスダック総合指数は同65.02ポイント安の7502.67で終わった。ただ、翌4日は独立記念日のため休場となるほか、3日も午後1時までの短縮取引のため、投資家の様子見姿勢は強く、序盤の買いの勢いは続かなかった。
VIXは16.14と上昇、長期金利は2.842と上昇、短期金利は2.54と上昇、差は0.302とかなり縮まっています。

日経平均は4日続落。4日の米国市場では、独立記念日による祝日で休場だったことから海外勢のフローが限られるなか、日経225先物のナイトセッション終値である21670円にサヤ寄せする格好から本日の日経平均は売り先行でのスタートとなった。寄付直後に、前日に年初来安値を割り込んだハイテク株の一角にリバウンドの動きがみられるなか、日経平均は朝方にプラスに転じる場面もあった。しかし、米中による関税措置発動を控えた上海総合指数が下げ幅を拡大したことを受けて、後場は全般の銘柄のポジションを手仕舞う動きが強まり、日経平均の下げ幅は一時200円を超えた。大引けの日経平均は前日比170.05円安の21546.99円となった。
日経VIは20.55と上昇。

グラフの示しているように日経VIと日経平均がクロスしていますので当面様子見ですね。下がっている局面で下手に値ごろだからといって動かない方が身のためです。

【今日のバフェット氏の名言】
「みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。」
株式市場では理性が感情にコントロールされたら負けです。それでも大多数の投資家は感情に支配されるのです。ブームやバブル崩壊が生まれることがそれを証明しています。でもバフェット氏やジョージソロス氏、ジムロジャース氏のような巨万の富を築いた投資家に共通するのが、いつもこの大衆心理を逆手に取って投資していることです。みんなと同じように動いていては、所詮みんなと同じような利益しか生めないのです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

7月期首 保有株状況


18年7月期首の保有株の内容は以下の通りとなります。

6月も下がった国内IoT、FA関連の信用買い-含み損-現受けを行いましたが含み損となっています。
米国株は堅調に上がり、為替も円安に振れている為含み益が増えました。
国内優待目当て株も売った後で上がってしまい買い戻すことができていません。海外勢による内需株の買い、外需株の売りと全く逆目になってしまいました。既に国内IoT、FA関連は大幅な含み損です。人手不足は深刻なこともあり今しばらくの我慢です。


★いつも見てくださってありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ